FC2ブログ

取引先の社長宅に3日間軟禁された

若干ぼかし&フェイクあり。
あと長いです。

数年前、旦那が仕事のトラブルから取引先の社長宅に3日間軟禁された。

旦那の仕事は、別に胡散臭いとかそういうものではなく、ごく普通の会社で売っているのも非常に普通で、ある業種の人たちには欠かせない製品。

取引先によってはオプションをつけたりということもしている。


軟禁された日は、納品した商品が気に入らないと、取引先から営業を担当していた旦那が呼び出されたらしい。

事情説明のためにすっとんでいった旦那に、その会社の社長は設計からやり直せ!と言われて、ノートPCでひたすら設計からやらされることに。

といっても旦那は営業担当、商品の仕様や知識はあっても設計はわからない。

必死で検索しながら社長夫妻の言う通りの仕様の設計を作ろうとして終電の時間になり

「続きはまた今度…」

と言いかけたら

「できるまで帰らせない」

と言われ、社長宅まで連れて行かれて三食風呂付き(寝るときはソファーで)で応接間でひたすら設計をつくらされていたそうだ。

ちなみにこの取引先は職場から新幹線+特急で3.5時間くらいの距離。

深夜に逃げ出そうとしても土地勘がない+駅が遠く逃げきれないと悟った旦那は、トイレに行ったときなどにちょこちょことメールで現状報告を送ることしかできなかった。

社長宅はそこそこに豪邸で、ビクトリア+ゴシック調(?)の悪趣味なトイレとかギリシャの石像が置いてある大理石のお風呂とか使えたらしいが、すべてが旦那の趣向に合わず、まったくリラックスできなかったそうだ


軟禁されて3日目の朝、さすがにやばいだろうと、旦那同僚と上司が社長宅に凸。

納品は(一度は)終わっているし、これも最初の仕様通りに作っている、仕様自体を根本からひっくり返して軟禁するのはどう考えてもオカシイと納品したものを手切金代わりに、今後一切関わらないと上司が宣言し、旦那を連れ帰ってきてくれた。

救出された旦那はスーツもよれよれ、目の下のクマもすさまじくまさに修羅場を迎えた漫画家のような形相だった。

帰りの特急+新幹線で爆睡、そのまま家に帰ってきてからも倒れるように寝て10時間起きなかった。

寝顔を見ながら、いつも人当たりよく仕事をしている旦那なのに、なんでこんなことをされたのかと思うと泣けてきた。


この取引先、社長夫妻がキ○ガイで地元では有名で、近辺のどの業者とも一度はトラブルを起こし、誰も寄り付かなくなったため、事情を知らない遠方の旦那の会社まで話がいっていたらしい。

連れ帰ってきた上司から夜に電話があり、↑の状況を説明してもらったが

・旦那は悪くない。うちの会社も社会通念上として非はない。

・ただ相手がキチすぎて話が通じなかった。以前からちょっとおかしかったが、ここまで狂っているとは思わなかったし普通誰も思わないレベルだった。

・凸したときも、旦那がケガをしていたら警察を呼ぶつもりだった。

・こんなところに旦那を行かせてしまい、本当に申し訳ない。

・今後、先方から何か言ってきたら弁護士を立てて徹底的に戦う。

ということを説明&謝罪された。

ちなみにこのキチ取引先は、社長が嫁で専務が旦那。

社名で検索して出てきた求人情報によると、女性に優しい会社をアピールして実際スタッフも女性が多いらしいが…

実は男性はそれだけで社長の目の敵にされ、その部下たちにもウジ虫以下の扱いを受けいびり出されるというのが真相のようだ。
関連記事
2017-12-10 21:29 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR