年の離れた兄が結婚

私が中学生の時、年の離れた兄が結婚。

兄嫁妊娠、産まれた甥っ子はどう見ても金髪ハーフ。
でも色素異常かも、と一応検査。当然婚外子、実子で無い証明を届け離婚。

その後、私は結婚、夫の兄が出来婚しかける。

相手が子持ち×1と聞いていたが、お相手と義実家で顔合わせしてお互いビックリ。

「あっ!!!!!」「@pkjhgfdさ」

子供は第一子の金髪ハーフ君(仮甥・14歳)だけではなく、黒人ハーフ君、日本人(?)ちゃんの3人。

どう見ても3人とも父親はバラバラ。
×1って事は、下の二人は婚外子。

離婚歴があって、子供がいても本人の人間性さえ良ければ問題ない、と言っていたが流石にドン引く義両親。


義家族を別室に呼んで事情説明。
ただし、今お腹にいる子が義兄の子では無いと言っている訳では無い、と添える。

驚きながらも、お腹の子は自分の子供だと信じたい、と言う義兄。
基本性善説の義家族は、悩みながらも強行に反対する事は無かった。

そこに元兄嫁乱入。

私を突き飛ばし、私実家族を無いこと無いこと罵倒。

私を突き飛ばされ怒った夫が、元兄嫁を取り押さえようとするが妊婦の為、手荒な事が出来ず手間取る。

その隙に元兄嫁が、夫を置き時計で殴打。夫昏倒。
更に私に時計を投げつけるが、義母が私に覆い被さって義母流血。

義父や義兄が暴れる元兄嫁と乱闘。

気が付くと警察と救急車登場。
通報したのは元兄嫁の子供達だった。

元兄嫁は警官や救急隊員にも怪我をさせて、その場で逮捕。
夫は脳が腫れて数日入院して、無事退院。
義母はこめかみを4針縫うが脳に異常無しで、日帰り出来た。
義父や義兄も、割れた置き時計のガラスで数針縫う怪我。
私は4カ月の妊婦だったが、1日入院しただけで無事。


元兄嫁は裁判中に出産。産まれたのはハーフ。

子供4人とも父親は違うらしく、上の子達は自分達の意志で施設希望。

下の赤ちゃんも母親が実刑になれば、その間は乳児院に行くらしい。

私は、第一子には実の甥では無いけれど複雑な感情があって、同じく養父になるつもりでいたので、子供達に複雑な感情がある義兄と、何度か施設に差し入れに行ったが、

「また母親が迷惑を掛ける事が有ってはいけないので、もうここには来ない方が良い。あなた(私)も赤ちゃんが産まれたんだから、その子の事だけ考えて欲しい。」
と言われた。

上の子供達3人からは事件の数日後「母が申し訳ない事をしました」と義家族や私に謝罪が有った。

実兄が再婚する事になったので記念カキコ。
時間は掛かったけど、女性不信を克服したみたいで良かった。

関連記事
2017-08-15 14:10 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR