今年車を買った

今年車を買った。
うちの家は祖父からの借地である。
値引きにも成功し、あとは納車待ちになった。

だか、親戚のおやじがかなりの妬み野郎で、車庫証明を取るには実印が必要だと抜かした。
実際は必要ないし、解釈を変えればただの入れ替え。
ここには30年は住んでいる。
そしたら祖父がブチ切れて怒鳴り混んで来た。

怒りに任せ怒鳴りまくると帰っていった。
なお、こっちには何を言っているのかが分からず、さらにこっちの話ひとつ聞かずにいた。

もちろん、親戚のおやじから電話がかかって来た。

「どうしてこんな勝手な事をした。犯罪だそ!!爺さんは出ていけと暴れている。謝りの電話ぐらい入れろ!」

ここで親戚の家で起こっている事を知った。

ここでスペック
俺 某神学校在学 ネットに卓越 何百手と先を読む

おやじ かなりのマイペース 今回の事件では一番慌ててた。

おふくろ 自分の親戚関係なのでかなり落ち着いていた。

姉貴 超有名国立大に行っとる 俺と同じでネット関係に詳しい


話に戻る

この時電話に出たのは、おふくろだった。そしたら
「え……そんな」
と、そのまま電話を切った。

実はこの時、頭の中では想像の出来ない事を考えていた。

直様家族会議へ

おやじは、かなりの慌てふためいていた。
だか、おふくろは

「おい、子どもたちよ。うちは間違った事はしていない。それ以前にお父さんに怒鳴られた事に腹が立ったから、今回はとことんやる」

以前から色々といちゃもんをつけられていた。例えば、俺が高校に合格した時も合格祝をくれなかった。

うちは、その娘が県内最低高に合格した時、絶対使わないであろう参考書10万相当をあげた。

こうして、俺たちは戦争!?の準備を始めた。

ここで整理する
車買う

車庫証明にいちゃもん

必要無いという

爺さん怒鳴り込み

母さんブチ切れてる

俺らは戦争の準備を始める


とりあえず、Twitterで弁護士を当たった。
10人ぐらいに送った。
そしたら返事が来て、いらない事を確認。
その参考資料もゲット。

次に、二ちゃんにて相談。

そしたらもう感激なくらい、情報くれて、あそこには善人しかいないと痛感した。

さらなる参考資料に、判例、さらに弁護士まで乗って来た。さすがに断ったが……
その代わり、海鮮時にはニコ堂で生放送

(((o(*?▽?*)o)))

この時点でかなり危ない気がしていたが…!?
割愛したがこんな感じです。


参考資料に目を通し、いざ回線へ

実家に着くと、直様開戦へ

今回、俺が親戚一同と話す事になった。色々と聞いたし、こっちの方がいいと思った。つまり、おやじ達は引っ込んでもらった。

録音(ニコ動)するといったところ、必要無いとか、すぐ形つけるとかヤジが飛んで来た。
親戚は、約30人。
かなりのコワモテの男たちがこの大広間に集まったのだ。
なんとか言い訳し、スタート。

まず、車庫証明について
(ここからは会話のみです。様子は()つけます)

なんで、実印無しに車庫証明取れるんだ

そもそも必要無いです

うそつくな。ガキの癖にうるさい大人の世界の話に突っ込むな

じゃあお聞きしますが、実印を押すとしましょう。では、どうやったと申すのですか?この家に偲びこんだんだろう。
(今頃スレッドはどうなっているか。親達は今にもブチ切れてそうたが、何も言うなと言っといたため、抑えたみたいだ。ちなみに姉貴は学校へ)

そんて、押したと……

そうだ。何かおかしいところあるか
(そもそもおかしくないところは何処にある)

ふーん じゃあ実印に必要な物はなんですか?

そりゃ~ぁぁぁ   なんだっけ?母さん
(知らないのかい、奥さんに助けを求めるなんて)


印鑑証明だろう

そうです。では印鑑証明の発行履歴は?

それがどうしたんだ、関係ないだろ
はぁ?関係大ありでしょうが。逆に言えば、印鑑証明なきゃ、実印って証明出来ないでしょうが。(ここで、事前に用意しといた履歴を提出)

え……そんな……ぎ、偽造だ。これこそ犯罪た。

どうぞ、今から取って来てください。本物ですから。

よし、誰か行って来い
(若造が部屋を出て行った。ちなみにこれは、血縁関係のある人しかもらえない)

こちらからの話は、よろしいですか?

なんだ…早くしろ

では、この文面をみてください。


親族一同擬視


簡潔にいいますと、実印は必要無いというものです。ちゃんと、弁護士の方から証明をもらっています。

ざわざわとするなか、若造が帰ってきた。
手には何故か書類が……

おやじ、やっぱりないぜ……
本当か……

ここでようやく知った親子関係。親戚のおやじの息子だ。知らんかった。

割愛するが、書類攻めで親族一同間違いに気づきタジタジ。

これで終わりだと、思ったが、また親戚おやじが声を上げた。

親戚関係をどう思っている。慰謝料だ、迷惑料だ、もう、来るな……とか騒いだ。

そうしたら録音機器(iPhone)が空を飛んだ。
落ちた衝撃でガラスは割れ、起動しなくなった。
ちなみ録音は別機器でしていた。

こうなったら修羅場。俺は牙を剥く事に決めた。

「ざけんな!!」
部屋中に響いた
「砕いていたが、もう我慢出来ないなぁ。iPhoneには小説何本有ったと思う?128本やぞ!!」
俺は高1にして連載小説を執筆していた。原稿料だけでバイト代ぐらいにはなっていた。
「どうすんやぁ!!言っとくが安すうはないぞ!!あと、慰謝料だぁ!こっちが欲しいぐらいじゃ!!舐めんぞねぇぞ」
自然と関西弁になっていた。
これには親戚一同ドン引き

このあと、弁護士やら来たが、Twitterの弁護士さんから連絡先をもらってたんで、こちらも急行。

結局最後はプロ対決になったが、
小説の弁済として福沢さん約千人、おふくろ達に福沢さん約2500人、さらにもう住みたくないので、引っ越し費用として福沢さん約8000人(土地がかなり広いのと、新居が見つかるまでの諸費用を含む)など、せしめた。

ちなみにこのあと、おじさんは勘当、おじいさんは被害無し。うちが庇ったから。
おじさんは、離婚、その人の両親からの遺産を売り、さらに借金。一体どうなった事やら


長文だったけど、物事は先を見据えるべきだど痛感した修羅場でした。

見ていただきましてありがとうございました
関連記事
2017-08-12 22:27 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR