学生の頃イジメを受けていた

学生の頃俺とAはBからイジメを受けていた。

理由は俺はキモイ顔でAはアトピーが酷かったから。

「妖怪コンビ」といわれ何の理由も無く蹴られたり殴られたりした。

高校は俺とAは進学校に行きBは底辺高校に行った。


でもって一年ほど前に中学の同窓会があった。

校舎を取り壊すので記念にということで、当時の学級長が連絡を取れる奴だけでも集まろうということとなった。

俺は実家で家業を継いでいたのですぐに出ると伝えた。

弁護士になったAにも連絡を取ってみると行くという返事がすぐに来た。


当日もう殆どおっさん、おばさんと化した同級生たちと久しぶりに会話をした。

Aもスグにきた。

殆どの人がAをみて驚いていた。

以前のAと比べアトピーが完治していたからだ。

そして同級生のやっている焼き肉店に移動して同級会がはじまった。

地元にいても中々会う機会が無かったので話がかなり弾んだ。

しばらくAと世間話をしているとBが来た。

Bは久しぶりとも言わずに急にAに

「お前どんな薬使って治したんだ?」
と聞いてきた。

A「アトピーのことか?大学で東京にいったらいつの間にか治った」

B「嘘つけ」

A「いや、本当だよ環境が変わったせいだと思うけど」

俺「マジで本当だって俺、大学時代Aの近くに住んでたけどだんだんアトピーが治ってたんだって」

B「てめぇ、本当のことを言えっていうんだよ」

これから本気の殴り合いが始まった。

スグにBは周りから止められたけど、俺とAは結構いたいパンチをいただいた。

Bは他の人につれられて俺らとは逆のほうで飲んでいた

そして酒を注ぎにきたCが俺とAに教えてくれて

Bは高校卒業後に会社に就職した。

そこの経理をしていた女性出来ちゃった結婚をした。

生まれて来た子供は女の子で、Bは目に入れても痛くないほど可愛がっていたらしい。

暫くするとその子はアトピーになった。

幼稚園に入ったころから痒い痒いとかきむしってしまい体から血が垂れて、その姿を「妖怪」とか「化け物」といわれ友達にからかわれているらしい。

それがBにはすごくつらく幼稚園の保護者会の時涙ながらに

「俺の子供をいじめないでください」
といったそうだ。

Cはその保護者会で一緒だったそうで。

「はじめてBの涙をみたけど『じゃあお前がAにいていたいじめはなんなの?』っておもった」
といっていた

それを聞いて俺は因果応報ってあるもんだなぁと何か納得した。

がAは「どうせならBがアトピーになって俺の痒みを体験すればよかったのに、女の子にアレは耐えれないだろ」
といっていた。


そして二次会に行く人と帰る人とに別れ始めた頃の俺とAの前に一人の女性が現れた。

「先ほどは主人が大変申し訳ないことをしてすみませんでした」
といった。

一瞬なんのことだと思ったが

「Bの妻です」
といわれああ、となった。

Bになんでこんな美人な人が嫁になったんだろうって思うぐらい美人だった。

「Bは普段暴力を振るわないのに何でAさんと俺さんをなぐったのですか?」
と聞いてきた。

まぁ酔っ払ったのりでついつい殴ったんじゃないですかねといったが

「今酔いつぶれて車の中まで運んで行ったんですがしきりに『Aの野郎殺してやる』っていってるものですから。普段はあんな事を言わないのに・・・」
といった。

そこでAが殴った前後の会話と自分がアトピーだった事をいった。

自分が虐められていた事を言わなかったのは、Aが本当にいい奴だからだと思う。

そしてあらためてBの奥さんはAに謝罪して帰っていった。

俺とAは二次会に行かず仕事があるためそのまま帰った。

しばらくしてBとB奥さんが別れたという話をCが教えてくれた。

その頃にはかつてBがAを俺をいじめていたことも知っていたようだった。

Bの奥さんが

「あなたがAを虐めたから子供はアトピーになった」

と散々Bにいったことで、大好きな子供からも嫌われてしまったのが原因だった。

みんなもいじめには特に気をつけよう。

ちなみにB奥さんにBの過去を伝えたのは俺。

体育のとき薬のせいでTシャツと肌がくっついて血だらけになったAを

「血だるま」
といって蹴っていたときの話をしたときB奥さんは大泣き。

「因果応報って信じたくないですけどAにはちゃんと謝っておいてくださいね」

って言ったときは心のそこからすーっとした。


あとAにもBのその後を伝えたら

A「Bが暴走してお前を殺しにきたらどうするんだ?」

俺「その時はAがBを逮捕してくれ」

A「俺は弁護士であって警官じゃない」

と怒られました。


関連記事
2017-08-11 14:22 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR