彼の親御さんに会いに行って御挨拶した

去年のお正月。
彼の親御さんに会いに行って御挨拶した。

まだ婚約とかそういうのじゃなくてただ親御さんに紹介されて御飯食べただけなんだけど、彼の態度がそれ以来変わってしまった。

それまでは優しいっていうよりちょっと気弱なくらいの人だったんだが、私の言うこと、やること、趣味、仕事、学歴すべてにケチをつけるようになった。

私の好きな芸能人には「程度が低い」「くだらないやつ」「こんなのを好きとか言うやつも程度が低い」

私の卒業した大学には「最近偏差値が下がる一方らしいじゃん」「ガラ悪いんだってな」

私の趣味(読書)には「一銭の得にもならない」「本読めるアタシ~とかえらぶってんの?」「もっと金かせげることを趣味にしろよ」「女ってバイクとかサッカーには興味示さないよな。下等だよ」
などなど。


最初はあまりの変わりように唖然として言い返せないこともあったけど、仕事に対して「どうせ女なんか枕で仕事とるんだろ」

私の家族を「しょぼい、冴えない」「田舎者」「まんま百姓って感じ(うちの二代前は農家)」
とまで言ったのでブチギレ。

「おまえは何様だゴラァァァ!!!」と怒鳴りつけて叩き出し、二度と会いたくない!と言い渡した。

ドアの前に彼、居座ること3時間。

時折鼻をすする音をわざとたてる、「寒い……」とつぶやくなどの高等テクニックを披露する。

しかしもちろん開ける気なし。
朝まで粘るほど根性がないのも知ってたし。

ドアの前から彼が送ってきたメール。

「親にも会わせたんだからもううちの嫁だし、立場をわからせようと思った」

「今のうちにガツンとやっておかないと調子に乗ると思った」

「婚約破棄する気か?傷物に見られるぞ、後悔するぞ」

来るわ来るわ、めまいのするようなメール。

あまりに理解不能のメールに怖くなり、友達に電話した。

友達「それって膿家脳ってやつだよ」と。

「彼くんがまさか膿家脳だったとは意外だけど…メールでURL送るからここ見て対策して」
と送ってくれたのが2chの膿家スレと、家庭板の修羅場スレw

それが私の2chデビューでしたw

こんな人たち本当にいるの?作り話じゃないの?でも現に彼があんなだし…と思いつつ読みふけること数時間。

ドアの前の彼のことも忘れ果てて2chしてたら、かまってもらえないことに気づいたか、彼はいつの間にかいなくなってた。


翌週、2chで学習した「婚姻届不受理届」。
無料で出せるらしいから、と一応出しておいた。

全部着信拒否は駄目らしいから、メールのみ受信でフォルダに振り分け。

「根回し」もできるだけ早くしておいた。
疑う人には証拠メールがあったのでそれをそのまま見せた。

そして意外と周囲に2ch見てる人が多いこともわかった。
「安価で彼にメールしようww」
なんていうやつもいた。もちろん断った。

そして半月後。

振り分けフォルダに彼のお怒りメールが…

彼、ほんとうに婚姻届出そうとしたらしい。
しかし不受理届のおかげでブロック。

「俺がせっかく広い心でおまえを迎え入れてやろうとしてるのにおまえって女はーー!!」
だそうだった。

私、ひさびさにメール返信。

「私の欄は誰が署名したの?それって法律違反だよね」

彼「誰が書いたかなんて証明できっこない」(勝ち誇って)

私「あなたが書いたの?」

彼「違う。ちゃんと女の字で書いた。俺は女の字なんか書かない」

私「じゃあ誰」

彼「A子(彼と私の共通の知人。私の社の後輩)に書いてもらった!!」

A子は知人のうち唯一彼の味方をしてた子で

「彼さん、かわいそうだよ!第一彼さん、そんなメールくれるなんて情熱的じゃん!いいじゃん!」
「結婚に前向きなだけじゃん、いいじゃん!」
「頼りなかったのがぐっと男らしくなっただけじゃん、いいじゃん!」

とやたら何通もメールくれた子。

彼が「親にまで紹介したのに、俺の面子が立たない~」とグジグジ言いだしたので

「じゃあA子を代わりにお嫁さんにしなよ。
そこまで協力してくれるってことはきっとあなたを好きなんだよ。
それにA子は若い(私の2つ下)だから、若いお嫁さんの方が御両親も喜ぶよ。
よかったね!私より若くて従順なお嫁さんが見つかったよ!」

とヤケクソでメールした。

すると
「そっか!そうだな!!(顔文字満載)」
と一瞬でテンション激高になる彼。

コロっと彼のターゲットは私からA子に変わりました。
…バカで良かった。

A子は私が結婚して退社すれば、私のやってる某仕事が回って来る!と思って、彼に結婚をおすすめしてたらしい。

いや専門違うから私が退社したところでA子には回らないと思うんだが…

A子から「彼さんがストーカーになった、助けて」とメールが来たが

「第一彼、そんなメールくれるなんて情熱的じゃん!いいじゃん!」
「結婚に前向きなだけじゃん、いいじゃん!」
「男らしいのが好きだって言ってたじゃん、いいじゃん!」
とだけ返信してたら、そのうちメールして来なくなり、気づいたら会社も休職していた。

ちょっと気の毒ではあったけど「人を呪わば穴二つ」とみんなに噂されていたらしいから、周囲もある程度知ってたのかも。

(元)彼はどうやら一時的なはっちゃけだったみたいで、今は憑き物が落ちたかのように普通だそうです。
私は会ってないので知らないけど。

でも去年の11月と今年の1月、そして一昨日に
共通の知人から「やり直してほしいって横で泣いてるよ」と電話が来た。

「ヤダ」
「いちいち報告スンナ」

と返事して、その知人も一昨日から切りました。

たいしたことない話ですいません。
自分としては初修羅場だった。
関連記事
2017-08-08 22:07 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR