自分より下の人間が必要な人

前置きが長いですが、投下します

Aと私は高校3年間同じクラスで、グループも一緒だった。

グループ内のかわいくてモテる子には媚びへつらい、私みたいなブサイクなデブをあからさまに見下してた。

私は昔から群れるのができなくて、中学の友達もいなかったから、最初のころは声を掛けてくれて嬉しく思ってたのも事実。

のちにつらくなって距離を置いても、Aは何かと私を誘ってきた。

自分より下の人間が必要だったんだと思う。

友人間で上下がある時点で上手く行くはずないんだけど、私も子供だったから、歪な関係に違和感を覚えても回避できなかった

痩せても可愛くなれない顔、化粧しても無駄、○○(有名なセレクトショップ)の服着ればマシかもね。

あ、サイズがないかテヘペロ…など3年間言われ続けた。

私も一応女の子だから容姿をバカにされてつらかったし、この時期に植え付けられた外見のコンプレックスは17歳のときに摂食障害という形で現れ、25歳まで続いた。

私は都心の大学へ、Aは地元の短大へ。

当時は携帯持ってる人の方が少なかったし私もなかったのでそのまま疎遠に。


東京に出たことで田舎特有の村社会体質に気付いたし、大学の学生たちがみんないい人で、私は群れるのが苦手なんじゃなくてあの地域の集団が苦手だったのかな、と思った。

過食嘔吐は続いていて、169cm/65kg→47kgまで落ちた。

化粧もするようになったら性格も明るくなってきて、喪女の私も卒業間際に初彼氏ができた。

その彼と24歳の時に結婚、職場までの距離の問題で私は退職。

日々痩せて行く私に気付いた旦那に色々聞かれて、私はこの時初めて、誰にも言えなかった過食嘔吐の話をした。

泣きながら上に書いたことも全部伝えたら、太ってても化粧しなくても服がダサくても俺は私子が好きだよ、と言ってくれた。

不思議なことに、この日を境に過食嘔吐の症状は出なくなった。

子供が出来るかもと思い仕事はしなかったけど、摂食障害のせいで生理がなく不妊治療を3年してみたけど子供は出来なかった。

旦那も義実家も無理しないでいいといってくれたので治療はやめた。

この間に、気晴らしにやっていたあることが仕事につながり、今も続いている。

で、昨年末に同窓会があった。

高校時代は思い出したくもないから行きたくなかったけど、ちょっとだけでも顔を出してみたら、と旦那に言われて行くことにした。

田舎のネットワークて怖い。みんな私や旦那の職業を知ってた。

私の仕事は親に具体的な話をしてなかったから本気で怖い。

Aもいたけど、私のこと、最初はわからなかったみたい。

すごく痩せたし、私は化粧でかなり顔が変わるタイプでみんなにキレイになったねって言われた。

素顔は相変わらずだけどやっぱり誉められたら嬉しかった。

Aの容姿については触れないでおく。

卒業後完全音信不通だった私を気にかけてくれてる人もいて、思い出話に花が咲いたんだけど、Aは私に昔と同じように絡んできた。

私はブランドには興味がなく、年相応のバッグや財布、Aは全身高級ブランド。

何その服、いい年してこんな安物のバッグ持ってて恥ずかしくないの?

などと色々言われたけど、年齢重ねて色んな経験したせいか、揶揄されてもなんとも思わなかった。

旦那さんてすごいよね、いいよね、などと言われたけど、旦那は大企業に勤めてるわけじゃないし普通のサラリーマンだから正直何がすごいのかわからないけど、根掘り葉掘り色々聞かれたが適当に流した。

私子少しはマシになったね、二重に整形したんでしょ。
アゴ削ったみたいだしホウレイセンのところも注射してるよね。
ねえねえみんな聞いて、私子って整形してるんだって!
脂肪吸引しまくったんでしよ?いくらかかったの?

とAはヒートアップ。私も周りもポカーン。

二重やアゴがシャープになったのは痩せたからだし、若く見えたのだったら、私は昔から老け顔で10代のころから30代に見られてたので、ようやく見た目と実年齢が近くなったから変わってないように見えてるだけと一応否定はしたけど、Aは聞く耳を持たない。

Aは高校のころから何も変わってないんだなと思ったら悲しくなったし、こんな人のために何年も苦しんだのかと思ったら腹が立った。

で、ここからが復讐。前置きが長くてすみません


Aも含めてみんな子育て真っ最中だから自由がないけど、私子は好きなことできていいよね、的なことも言われた。

不妊治療を諦めたことなど言ったらまた何か言われるかもしれないから黙っていたら案の定、不妊なんでしよ? 治療費高いよね? もう諦めたら?

などと散々な言われようだった。

その時はもう吹っ切れていたからスルーできたけど、治療中にリアルタイムで言われていたら殴っていたかもしれない。

Aは私の仕事に興味津々で、不妊治療費稼いでるの?儲かってるんでしょ?などと年収を聞いてきた。

周りはAをたしなめてくれたけど、私はもう、限界を越えてしまった。

具体的な数字は避け、1番いい時で旦那の3倍、と言ったらAの顔が引き攣った。

ただ収入には波があって、今年は多分100万いかないw

そんなバクチみたいな仕事だけど、そこはあえて言わなかった。

子供は欲しかったけど、諦めてからの人生はそれなりに楽しんでる。

周りが私を楽しそうにしてるように見えたのも仕事が楽しくて、旦那との関係も良く、精神的な安定が表に出てたからだと思う。

そういう幸せオーラがAには許せなかったのかも。

他の子たちとは楽しく話せたけど、Aだけはずっと私を睨んでた。

高校時代も今も、何故こんなに私に絡んできたのか、わからない。

気が付かないうちに傷つけたのかもしれないし、単純に私のことが嫌いだったのかもしれない。

私の話を聞いたあとのAは別の席に移動してしまったし、それから最後まで無視されていたから、もちろん電話番号もメアドも交換していない。

この先二度と会うこともないと思う。

あとから、Aは旦那と離婚寸前、と話を聞いた。

私に当たってストレス発散しようと思ったのかも。

手を下したわけじゃないし、何が復讐なのかと思われるかもしれないけど、今、私が楽しく生きていること自体が、Aへの復讐になるかも、と思ったので。

それと30代後半になって思いがけず赤ちゃんを授かり、もうじき産まれるので、厄落としも兼ねて書き込みしました。

長くてすみませんでした。
関連記事
2017-08-02 18:10 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR