男に勘違いされて粘着された

3年くらい前のことだけど大学のサークルで知り合った男(勘)に勘違いされて粘着された。

勘は同じ学年で一つ年上、見た目は太めで普通の人に見えるが持ち歩いてる文房具がアニメのグッズ、挨拶もまともにできないし、いつも近くにいる女子をチラチラと見てたから女子はみんなかかわらないようにしてた。

授業なんかじゃ関わらないこともできるけど私の入ってるサークルは人数がそんなに多くないので、まあどうやっても会話する場はあった。

その時私は至って普通の、全く特別扱いをしない接し方をしたつもりだったが、勘には何か勘違いする要素があったらしく、それからものすごく私に付きまとうようになった。

授業で友人と話しているとき平気で割り込んで話しかけてきたり、サークルではずっと私の近くにいて、ひっきりなしに話しかけてきてうっとおしい。

肩に手を回してきたり手を重ねてきたり気色悪い。

その時の段階では「友達いないんだなあ」くらいの感想だったし、私もスルーしたり適当に流す余裕があったので大きな問題ではないと思っていた。

それが間違いだったんだけど。


夏休みが終わって最初のサークルを私は用事で休んだんだが、その時に勘はやらかした。

その日にサークルの友人からメールがきて、読んだらとんでもないことになってた。

勘が私と付き合っているという嘘をサークルで話したらしい。

その友人は私に彼氏がいるということを知っているため確認のためにメールをしてくれたんだが、こっちにしてみればその時に否定してほしかったような気もする。

次のサークルのときにはすでにそのデマはサークルのみんなが知っており、勘は私と夏休みにデートしたなどねつ造した話を広めていた。

すぐにとっつかまえて問いただしてやろうと思ったんだが

「ちょっと勘くん!」

「あ、私ちゃん!先輩がー、俺たちのデートの話聞きたいっていうからさー、話しちゃったw」

「ふざけるな!私はアンタと付き合った覚えはない、同じサークルの知り合いという以外に私とアンタの関係は存在しない!」

「照れんなって、もう隠さなくていいからさーwww」(肩に手を回す)

「さ わ る な !!!!」(振り払う)

「そんな暴れるなって、照れてるのはわかるからww」(また触ってくる)

「気持ち悪いこと言ってんじゃねーよ!」

正直内心では気持ち悪すぎて発狂寸前だった。

途中まで私が照れていると思ってニヤニヤしながら見ていた先輩もおかしいと気づき、みんなで勘を問い詰めた。


その結果

・私ちゃんは彼氏がいるなんて言っていなかった →そこで何故いないと確信する?

・俺と笑顔で話してくれた →初対面で仏頂面するわけがない

・夏休みにデートする約束をした →してねええええええええええ

・つまり俺たちは付き合っているんだ!

とあまりにもぶっとんだ思考を公表してくれたためさすがに誤解も解け、勘を締め上げようとしたのだが、まず私が勘に好意などないことから信じてくれない。

そこで私に彼氏がすでにいることを話すとファビョるファビョる。

内容も要約すると「このビッチがあああ」みたいな感じだったんですが。


私の彼氏は5歳年上で当時にしてみればなかなかの年齢差だったため、人にいうことはしていなかったんですが、それを話すと今度は

「5歳も年上なんてオッサンなんかよりも俺の方が絶対俺の方がお前との相性はいい」

「俺の方がテクニック(ry」

などと言い始めて、本当にめまいがしてきたためそのあとのことは先輩に任せ、私は帰宅しました。


結果的には勘はサークル追放、ほかの人たちにもいろいろと根回しをしたため(親にも報告済み)その後は会ってもまともな関わり方をせずにすみましたが、その後も自分の友人なんかに私のことをあることないこと吹き込んでいたらしく、何度か男子に絡まれたりしました。

でも何よりあの思考のぶっ飛び方を目の前で聞いた時の私の心中は、今まで生きてきた中で最高の修羅場でした。


確かに勘違いする男のプライドは自分と釣り合わないくらい高い気がする…なのにそんな自分を認められないんだよね。

あの後友人から改めて聞いた話によると、私がいないときには夏のデートのことを海に行って私はこんな水着で…などかなり事細かに話していたらしいから、妄想してシュミレーションでもしてたんじゃないかな。

私が去った後もまだ私と自分が付き合っていないことを信じられないみたいだったとか言ってたし…こわい。

付き合った時期とかも言ってて本当にそれを自分で疑わず言ってたし気持ち悪い。

まあそこまで浸りきった話を聞いてたから信じちゃったのかもしれないね。

まあ写真の一つも持ってないと言ってる時点で気づけよとは思ったけどさ…


関連記事
2017-07-31 22:20 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR