務めていた会社にした復讐

初カキコです、以前に務めていた会社にした復讐です。

新卒で入社して夢と希望に満ちあふれていました。

最初の方は特に何も無く普通の会社だと思っていました。

自分は元々根明だったのあり、営業に配属されました。

配属された初日から上司から「よし、飛び込みに行って来い」の一言。

普通は先輩の仕事の仕方とか、同行して覚えるものじゃないのかなぁ?と疑問を抱いていました。

それでも来る日も来る日も飛び込み営業を続けていました。

ただ、最初はどういうトークをすればいいのかもわからずに、先輩に同行をお願いしたりしていたのですが、先輩たちも我ら新卒の教育よりも自分の売上げ優先で、常にたらい回し。

酷い日には「ここで待ってて」と言われて置いてきぼりなどもしばしばありました。

その上、毎朝に売上を確認する会議があり(もちろん新卒に売上はない)が毎朝怒鳴られる日々。

あとあと、調べると離職率はハンパじゃなかったです、まぁ、所謂、ブラックですね。

勤務時間は8時~17時、もちろん定時で帰れる訳無いわけで、家についたら日付が変わってるのは普通。

もちろん、残業代なんてある訳無い。

通院のため、上司に相談し定時に上がると約束をし、定時に帰ると次の日に別の先輩に

「テメェ俺より先に帰るとかふざけてるのか?」

と呼び出されて胸ぐらを掴まれる。

そんな会社なので、月が変わる度に一人、一人と消えていきます。

誰かが辞めた日の次の日の会議では「ヘタレはいらん」など辞めた仲間に対する暴言を
永遠と聞かされます。

その後に

「お前も早くロボットになれよ^^俺の言うこと聞いとけば大丈夫だからよw」

など言われる日々。

だが、どんどん新卒の数は減り、その辞めた人間の分は全て自分にのしかかる…

自分自身もストレスに負けてしまいそうな日もありましたが、それでも頑張ろうと必死に我慢していました。

だが、精神状態も不安定な中、休憩時間に他の社員と話をしただけで

「さぼってんじゃねーぞ!」

と蹴りを入れられたり日に日に、ストレスは溜まっていきます。


そして、自分が復讐を決意した決定的事件が起こります。

地方に展示会で出展した時でした、出展の準備も段取りも押し付けられ、毎日遅くまで残って準備していました。

で、出発する直前に先輩が

「お前、名刺交換の数俺より少なかったらタダじゃおかねーぞ」

と脅しをかけられました。

始まる展示会、積極的に声をかけて名刺を交換していましたが…

昼食後から体が痒い、とにかく痒い。

で、トイレで確認すると体が腫れるほどの蕁麻疹、

「ああ、強がってもボロボロなんだなぁ」

と実感しました。

じっと出来ないくらい痒くて、それでも負けてたまるかと名刺を交換を続けました。

展示会終了、痒さでフラフラで帰社、すると上司が

「今から今日の会議な、何時に終るかわからねーけど」

と痒い中会議に出され、各頂いた名刺の数を発表することに、遊び呆けてた先輩は雀の涙くらいの数、自分は断トツ。

ざまぁwと思ってたのですが、上司がコレに対して先輩を叱責、このせいで先輩の怒りは自分に向けられます。

「お前、今から片づけ+全員分の名刺のリスト作れよ、蕁麻疹知るかよwカギ置いとくからな」

もう、涙が出そうでした。

言われた仕事をやり終えて、時計を見ると日付が変わっている。

もう、痒さで歩くのもキツイ、電車はない、けど帰りたい。

フラフラになりながらも歩いて帰宅しました。

家に帰ると、かあちゃんは待っててくれました、かあちゃんを見ると安心して玄関にへたれ込みシャツを脱ぎました。

体を見たかあちゃんは絶句、即緊急病院へ連れて行ってくれました。

医者に見せると「凄い事になってるね、発狂しそうでしょう?」と言われ、ステロイドやら打ち込まれたのを覚えています。

薬を打ってもらうとすーっと蕁麻疹は引きました。

その帰り、車の中で「かあちゃん、俺もう限界」と言いました。

かあちゃんは「まだ若い心配しないでいい」と言ってくれてホッとした反面、腸が煮えくり返る思いで「だけど、タダで終われない」と奥歯を噛み締めたのを覚えています。

復讐を決め、まずは手始めに辞めた同僚たちに話を聞くことにしました。


同僚たちにコンタクトを取ると面白い話がたくさん聞けました。

一ヶ月前に辞めると言っても「お前もういらねーから」とその場で終わり、明日から来るなと言われるそうです。

で、辞めると言った瞬間からその月の給料も払わないという事実もわかりました。

あと、ちょこちょこ売上を上げる自分に対し根も葉もない噂(俺は風俗通いで性病持ちとか)を先輩らが流していた事もわかりました。

その他にも先輩は「俺は元族の右翼、逆らうと知らんぞ」と脅していたみたいです。


そして、親友に久々に電話をし飲みに行く約束をしました。

親友は自分が痩せていることに驚いていました、で、今までの話をすると下を向きじーっとしてから「わかった、いつ辞めんだ?」と聞き、「明日」と答えると「よし」とだけ言い出て行きました。

そして、復讐決行の朝を迎えます。


朝、IPodtouchとWi-Fiルーターの電源を言れSkypeを立ち上げました。

そのまま出社。

おはようございます、と挨拶をする、クソ共からは挨拶は帰ってこない、まぁ、普通の日常です。

で、朝の会議突入し、先輩から「昨日まとめヤツ出せよ」と言われ資料を出す。

それと同時に「俺、もう辞めます後頼みます」とだけ言うとニヤニヤしながら「そうか、上呼んでくるわ」

と上司やら重役やらが来ました。

そして、話し合いが始まりました。

先輩や、蹴りを入れてきた上司から「お前は頑張ったのになー」とかくだらない話ばかりきかされイライラ…

で上司から

「まぁ、今日で終わりね!おつかれ!荷物まとめて帰って!今月の給料も〆過ぎてるけど無いからさ!」

と言われました。

ここで「は?出せよ?」と言い返すと

「いやいや、立つ鳥後を濁さずと言うじゃない?」
と反論。

「いや、金の汚い話だけど、それはおかしくないですか?」
と言うとブチギレ。

「おい、オメェふざけてんのか!」
と机を蹴り飛ばされる。

胸ぐら掴まれてくさい息を吹き付けながら

「おい、ナメてたらどうなるかわかってんのか?」
と言われ

「どうなんだ?やれよ」
と反論。

そこでバカ先輩が

「お前さ、俺のバック何か知ってるのか?ん?痛い目に会いたくないなら黙って帰れ!」

と怒鳴られました。

そこでもう反論

「バック出せよ、お前らより話になるだろう?」

先輩「お前wまじかよw怖いもの無いんかwww」
と爆笑。

その瞬間、会社の前から爆音の軍歌が鳴り響く。

俺以外の会議室の人間はあっけに取られた顔をしている。

自分はもう一言

「同じ土俵だ、出せよ」

と先輩に一言。


実は会社の前は空き地になっており、そこに黒塗りの右翼の街宣車が数台。

そこの頭は俺の親友、親友は

「バック右翼なんだろう?なら俺と話したほうがいいよ」

と親友は駆けつけてくれてちゃのです。

車の中でSkypeの会議の音だけを聞いていて、脅しをかけてきたら脅し返すとだけ言ってたのです。

「あれ、俺のツレなんですよ。」

と先輩に言うと顔面蒼白。

上司らも「ヤバイ」って顔している。

そこで「聞きたいんですけど、先輩。バックがウヨとかハッタリじゃないですよね?」というと目が泳ぎっぱなし。

で、椅子に座り「はい、では続きの話をしましょうよ」と笑顔を見せてみた。


それからの話はスムーズに進み、きちんと金銭も払ってくれると会社側がら言ってくれたので助かりました。

「あの、嫌ならいいんですよ?僕を恐喝で訴えてくれてもw」
と言うと上司が

「いいいいや、そんな事するわけないだろぉ…ハハ」
と震え声。

すぐに自分は「敬語使えよハゲ」とニッコリ笑顔。

先輩にも「お前下見ずにちゃんと目見て話しませんか?」と当たり前のことを指導。

満足感に包まれながら退社。

退社する時にタイムカード押したら女子社員やらから拍手喝采。

女子社員達も先輩やら上司にに「二人でご飯食べに行こうよwえへへw」とかしつこく誘われてたそうで、スカッ!としたと言われました。


それから会社を出ると、迷彩服の皆様に「お疲れ様でしたぁ!」と頭を下げられて「こちらこそ」と深々とお辞儀したのを覚えています。

そして、親友は「家まで送るから乗れよ」と優しい言葉、ただ「これで帰れるかよw」と一言言うとみんな爆笑。

そして、会社側からはびた一文キッチリお金を払ってくださり、即海外へ行き病んだ心を癒しました。

他部署の友人から聞くと、暴言や体罰は一切なくなり、

「俺達も有休とか取りやすくなったよw」

と電話がきました。
関連記事
2017-07-30 14:15 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR