遺産相続の修羅場

義兄夫婦の離婚が成立したと連絡があったので記念カキコ。

主人の兄弟は再婚の連れ子同士の義兄と主人、義父と義母の間のコトメちゃんと3人。

全員既婚、子供は義兄2人(男・男)、うち(女・男)コトメちゃん(女・男・男)と平均的。

つかず離れずのフツーの親戚付き合いだと思ってた。


数年前、義父が亡くなって遺産相続のとき。

義母さん半分、子供たちが残りを平等に3等分って義父の生前から決まってた。

でも、いざってなったら義兄嫁が大声上げたよ。

『実子がたくさんもらうべき』

主人は義母さんの連れ子で遺産相続の権利なし。
義母さんは後妻なので半分(つまり1/4)
コトメちゃんも1/4

半分は実子で跡取りの義兄(つまり自分)がもらうべき。

言ってることもむちゃくちゃで相手にできない。

義兄嫁の親まで出てきてもうカオス。


主人は養子縁組もしていたし、子供のときからずっと義父を「お父さん」として育っているから、義兄嫁に「他人の癖に遺産狙うなんてずうずうしい」と面と向かって言われて落ち込んでた。

優しい人なんで一時はノイローゼになりかかっていた。

義兄はかなり嫁を窘めてくれたみたいだけど、

「情に流されたらだめ。あなたの家族は私と子供たちでしょ!親兄弟よりもそっちを大事にしてよ」

とこの家庭板でよく言われているようなことをノイローゼになりそうなぐらい言われ続けて、ついに胃に穴を開けて入院した。

義兄のとこの下の子はうちの子に『ドロボー猫の子供』とかって言い出した。

ことここにいたって義母が切れた。

義兄夫婦が住んでいる土地家屋は義母名義のもの。

元は主人の実父実家から相続したけど、仕事先の関係で義兄が住んでいた。

実子でないなら住む権利もない、かえせ、と。
(もとはいずれ義兄に譲渡、という条件だったと聞いている)

それを言い出したら、また義兄嫁が切れた。

「じゃぁ、(あれ)や(これ)は?誰の名義?」
(いくつか不動産関係あり)

ほとんど全部、主人の実父関係の遺産と知って

「(主人)くんと結婚したらよかった。ビンボークジ引いた。遺産も思ったより少ないし」
としゃあしゃあと抜かしやがった。

その場にいた弁護士、親戚の人はドン引き、義兄嫁親も同席していたけど、さすがに娘を怒鳴りつけてた。

義兄も下の子の発言とか、あまりにお金に汚いのを知って離婚に動いた。

散々ごねてたけど、やっと緑の紙を提出できたと報告あったので、子供は下の子だけ、嫁が引きとった。

上は義兄に似て意気地がなくていいたいことも言えないからいらないんだって。

私から見たら冷静なだけだと思うんだけどな

修羅場だったのは兄弟3人そろってうちで対処を相談してたら、義兄嫁が殴りこんできて

「影でこそこそするなぁ!」
と暴れてうちのサッシ窓を割ったり、主人が「もうやだ」と夜中にポツリとつぶやいてたころです。

自サツでもするんじゃないかと本気で心配しました。

私は他人なんで、ほとんどかかわりませんでしたが、義兄嫁はなぜか自分の主張が通らないのは私がほかの人(義母・主人・コトメちゃん)を操っているからだと信じ込んでいろいろないことないこと言ってきていたことでした。

エキセントリックな人だと思ってたんだけど、正直、基地入ってたのか、と一時はガクブルでしたよ。


義兄嫁(元嫁ですね)は、義兄の家族なんで他人の主人より権利があるというのが持論でした。

義兄嫁親は娘の
「義兄の遺産の取り分が奪われそうだ。後ろ盾にしていた義父が亡くなって、残りの家族が結託して義兄を排除して遺産相続しようとしている」
というのを信じてしゃしゃり出てきました。

土地家屋を相続できない(前述の理由で義母はまだ存命でしたので)のは排除されかけているからだ、と思い込んだそうです。

会計士さんに説明されたら、謝罪して帰られたそうです。

あと、義兄嫁はものすごい美人でした。

私の知っている中では断トツ、女優さんか、と思うほどで義兄は惚れ込んでました。

だから、離婚はないと思っていたので正直びっくりしています。

美人だから今まで自分の思うとおりにならないことはなかったのかなぁ?

下の子君はフツーの子でしたから、これからの行く末が心配です。
関連記事
2017-07-18 18:11 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR