人気者A男

流れ読めてないけど投下します。
ちなみに私は女です。

A男とは高校の時からの友達。
いつもつるんでた中の1人だった。

趣味も多く話もおもしろいやつで友達の中でも人気者。

高校を卒業してからもたまに仲間で遊んだり年1回旅行に行ったりもした。

もちろん勘違い行動や発言なんかは全くなかったよ。

私達がが23歳になった年、Aから仲間に会いたいと連絡が入り集まると、「今度結婚する。」と報告が。

誰もAの彼女の存在を知らなかったので驚きはしたがみんなで祝福した。

Aは「俺たちは金がないから式を挙げられない。だからせめて彼女に内緒で親や友達を集めてちょっとした結婚報告会をやってやりたいと思ってる。協力してくれ。」と言われたので私達は快諾。

レストランを貸切予約したり小さいながらウエディングケーキを準備したり他の仲のいい友達にも声をかけたり。

当日彼女側の友人もそこそこの数おり、A男関係者も合わせて総勢約40名。

彼女を驚かすため電気を消して待ち構えていると、何も知らない彼女を彼女友人が連れてきた。

と、ここで電気がパッとつき参加者全員でお嫁サンバを熱唱w

歌い終わった後も彼女はポカーンとしていたがA男が薔薇の花束を持って

「僕らの結婚式だよ!」

と言うと彼女の顔はみるみる真っ青に。

ブルブル震えながらその場にへたり込み、

「イヤァァァァァァァ!!!!!!!!!」と大絶叫。

顔を涙でグチャグチャにしながら彼女友人達に助けて!とかなんでこの男がここにいるのぉぉ!など言っていた。

訳が分からず???となったが、とりあえず彼女友人達が彼女を連れて一時退室。

事情を聞くため、私とB子も着いて行った。

結果としてA男と彼女は付き合っていなかった。

それどころかまともに話をした事すらないらしかった。

彼女の話をまとめると、同じバイト仲間だったがシフトの時間帯が違うため被る事のなかったA男と彼女だったが、数か月前にたまたま1時間だけ被る事があった。

その時にA男が彼女に一目ぼれしたらしい。

従業員名簿から彼女の電話番号を手に入れ電話をしていたみたい。

1日に50件もかかってきた時もあったらしい。

電話を着拒にシタラロッカーに大量の妄想手紙、バイトをやめ家に引きこもるようになるとポストに卑猥な内容の手紙が入れられるようになっていったそう。

警察に相談しても、直接被害があった訳ではないし…と言われ取り合ってもらえなかったらしい。

そして今日の結婚報告会という事でさきほどのような反応になったとの事。

いつどうやって私の友人関係を調べ上げたのかわからなくて怖いと震えながら泣いていたよ…。

A男に事情を聞いていた友達によるとA男の言い分はとんでもない物だった。

・彼女が俺に好きだとテレパシーを飛ばしているのを受信した。

・彼女はシャイだから自分からは言えない。だから彼女のテレパシーを受信出来る俺が彼女の代弁をしてあげなきゃいけない。

・さっき彼女が泣いてしまったのは感動のあまりだよ。彼女って無垢だからさっ☆とか何とか…。

そこからは彼女をA男に気付かれないように店から逃がし、彼女は友達の家に。引っ越すまでそこにいるそうだ。

A男の話をうのみにしてこんな会を開いてしまった責任があるので、彼女が「もう大丈夫!」と思えるようになる日まで、自分達はA男を見張る決意をしたというお話でした。


パーティーの翌日に私達がAを連れてA両親に事情報告にいったら即病院に連れて行ってました。

A両親はまともな人達なので。

Aの様子を見ていると本当に病気なんじゃないかと思います…。

心の底から本当に彼女の婚約者だと思い込んでるみたいです。

パーティーから彼女が突然いなくなったのも彼女が体調が悪くなったからだと思ってて、俺がお見舞い行かなきゃ!助けに行かなきゃ!って言ってます。

昔はこんな妙なやつじゃなかったのになぁ…。

ちなみにパーティーにかかった費用は細かい物も全て合わせると20万近くでした。

私達が使った分のお金はA両親が+αした金額で返してくれました。
関連記事
2017-07-07 18:22 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR