MRI画像を抜かれてた

交通事故(被害者側)にあい、骨折してが場所が面倒なとこでとうとう骨がくっつかないまま後遺症が残ってしまった。

医師に診断書を書いてもらい相手の保険担当に書類を渡し、後遺障害を申請したら(加害者請求骨折もしてないのにこんな後遺症が出るはずないと非該当。

骨折したのに骨折してないとか、わけわからん言いがかりする設定機関の説明に納得いかず、今度は自分で書類を出そうと保険担当に前回提出した画像を借りたら、相手の保険会社が事故直後に撮ったレントゲン画像だけで肝心の骨折を確認したMRI画像をわざと抜かして提出していた。

(単純なレントゲン撮影では確認できない骨折箇所だったのでその後MRI撮影で骨折が確認された)

そら骨折箇所を確認できない画像を出せば、そう言われるよな~と

今度はいろいろ書き方とか調べて医師にお願いして書類を書いてもらい、自分で直接保険会社に提出した(被害者請求)

結果見事に該当の級を獲得できた。

骨折したのに骨折してないと非該当になって一時期ショックで不眠になった。

みんな交通事故でケガして後遺症が残ったら相手の保険会社にまかせずに、自分で後遺障害の申請した方がいいよ!ネットで探せば無料でいろいろ情報わかるし。

あんな露骨な嫌がらせされるとは思ってもいなかったよ。

関連記事
2017-07-04 22:13 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR