トリック・オア・トリート!!

私は一人暮らし用1Kのオートロックマンションに住む25才女。

仕事は毎週水・木が休みで、先週の水曜も普段と同じように昼まで寝てた。

確か昼の11時くらいだったかな。

オートロックのあるロビーじゃなくて、玄関ドア前の呼び鈴が鳴った。

NHKは払ってるんだけど・・・と思いつつドアの覗き穴を確認すると、幼稚園ぐらいの子供が5~6人と母親らしき人が3人。

子供達はハロウィンのコスプレをしていた。

寝起きだったので頭が働いておらず、うっかりドアを開けてしまった。

上下スエット、頭はボサボサのオタク眼鏡な姿で。


ドアを開けた瞬間、子供達が大声で「トリック・オア・トリート!!」と叫んだ。

何か目がキラキラしてて眩しいんですけど。

そしてその後ろで私の姿を見てギョっとする母親達。

一人は赤ん坊(1~2歳)を抱えてたのだが、その母親が

母親1「今日ハロウィンなんで、なんかお菓子あげてくれませんか?」
と言った。

ここでやっと事態を把握した。

あー、そうか、今日ハロウィンなんだっけ。今時の子供はこんなことやるんだぁな。

でも私、甘いもの嫌いだから酒のつまみぐらいしかないんだけど・・・。

ボーっとする頭で、これならいいかと目に止まった袋を取って、喜んで両手を差し出す子供達の手のひらに、少しずつ「とろろ昆布」を千切ってのせてやった。

私「こぼれるから今食べなよー」

子供1「ありがとー!!」

子供2「なにこれー!!」

私「とろろ昆布。しゃぶるとウマいよ」

子供3「あ、しょっぱーい。おいしー!!」

この辺であっけに取られてた母親達が騒ぎ始めた。

母1「ちょっ!!何あげてるんですか!!!汚い!!」

母2「クッキーとか袋に入ってるものあるでしょう!!!」

私「あー・・・今、ししゃもかスルメしかないんですけど、袋に入れればいいですか?」

母3「そういう事じゃないのよフジコッコー」

私「あ、君も食べる?」

赤ん坊にも少しあげた。

母親1「ぎゃー!!なにするのー!!!」(赤ん坊の手からとろろを取りながら)

その後もギャーギャー騒いでたけど、無いものは無いのでお帰り頂いた。

子供達は手をベロベロ舐めてた。
赤ん坊も舐めてた。

平日昼間に単身向けマンションを訪問したって不在ばかりだろうに。

ってか今時の子はとろろ昆布も食べないのねー。

カルチャーショックでした。

関連記事
2017-06-30 14:10 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR