ヤブ医者

ちょっと痛かった修羅場の話。

子供の頃、下校途中に友達とふざけてて溝に落ちて、その溝にあったゴミ?でふくらはぎをザックリと切ってしてしまった。

うわーやっちゃったよと思いながら溝から上がって、なんとか血を止めようとしているところ、近くを通りがかった大人がそのケガを見てびっくりして救急車を呼んでくれた。

救急隊員が○○病院へ行く、と言ったのを聞いて俺絶叫。

子供たちとその親の間で、○○病院はヤブ医者として有名だった。

同級生の一人がその病院で風邪と診断され薬をもらったが治らず、実はおたふく風邪だった→皆かかって学級閉鎖とか、骨折した子がレントゲンを撮ってくれなかったとか、噂で済まない事実だったから。

(そんな病院が、救急指定されていたのが今考えると恐ろしい話だ)

救急車を呼んでくれた人も、救急隊員も、俺がただ病院嫌いの子供だと思って宥める。

そんなレベルじゃねえw恐いのと痛いのでとにかく泣き叫ぶしかなかった。

○○病院に着いたらまさにそのヤブ医者が手当をしはじめた。

そして一言、「こりゃー縫うしかないな」

俺また絶叫。

「痛くないから、すぐ終わるから」

今度は、痛すぎて涙が出た。

麻酔打たれたけど全然効かなかった。

入院するほどじゃなかったし親も職場から迎えにきてくれたから帰宅。

しかし縫われた傷が半端なく痛くて眠れなかった。


翌日、縫合された傷が歩けないほど腫れたので学校を休み、親が別の病院へ連れて行った。

その病院の先生は赤黒く腫れた足を見て絶句してた。

ろくに消毒もせずに縫われていたらしく、そこから雑菌が入ってたらしい。

何もせずにおいておけば、足を切断する可能性もあったとのこと。

縫われてるとき痛かったのも、麻酔も全然見当違いのところに効いていたんだと。

(パニクっててどこに麻酔がきいていたのかは全然覚えてない)

今回はちゃんと麻酔してくれて、消毒してキレイに縫合してくれた。

その後も1ヶ月くらいその病院に通った気がする。


あれから20年たって、傷跡は目立たなくなった。

○○病院は相変わらずヤブ医者らしく、

「年寄りを合法的に頃してくれる病院」

として今も健在だそうだ。

救急もまだやっていて、若い人や子供が緊急搬送されると、親がすっとんできてすぐ別の病院に移らせるけど、死んでも構わない年寄りは入院させておくと適当に亡くなるので、ある意味繁盛してるらしいw

関連記事
2017-06-29 14:40 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR