しつこく同棲コールされた

数年前の話だけど、当時遠距離で付き合ってた彼氏から『同棲しよう!』としつこいくらいに同棲コールされまくっていたが、その時は母親の体調が悪くて、看病と通院の手伝いが出来るのは私しかいなかったので、彼氏に事情を話して丁重に断り、その時はピタッと静かになった。

が、しばらくしたらまた彼氏からの同棲コールが始まるも、母親の具合がなかなか良くならなかったのでまた断ったら

「そんなに俺と同棲するのが嫌なのか!?」
とかキレられる。

その反応に何か嫌な予感がしたので「もうちょっと待って」とダラダラダラダラ引き延ばしたり、色々条件付けて、相手がそれを飲めなかったら嫌だと言ってみたり、色々な作戦に出てみたが相手もなかなか諦めない。

そしてこの時、疲れもあったのか何故か私の脳内で花がポンと咲き始め、それが次第にお花畑に変わってしまい、しばらくしたらOKを出してしまった。


で、同棲する事になったが彼氏からの手助けは一切ナシ。

そしてなんとか準備も軌道に乗り始めたところで、突然彼氏が『部屋は借りられない。俺の実家で暮らせ』とか言い出した。

理由は「俺が自己破産してるから部屋借りられないの知ってるだろ!?」

私はただただポカーンとするしかなかった。
シラネーヨバカ(\'A`)

って事で、同棲の話は白紙~~~!ハイ終わり~~~!となれば私も修羅場なんて体験せずに済んだのだが…

それでもしばらく付き合いを続けてて、だけど破産などのモヤモヤが晴れずにいたので、同棲の話になりそうになると、あれやこれやと話題を変えてはのらりくらりと回避していたが、ある日ものすごく些細な事(同棲とは別件)でケンカになり、それがこじれにこじれ、別れを切り出した数日後に彼氏が家へ凸して来た。

その様があまりにもヤ○ザのようだったので、もちろん家に上げる気はないし、元のように付き合う気もないから、さっさと帰れと言っても相手は引き下がらない。

それどころか近所に向かって

「この家の女は俺が自己破産してるとわかるとすぐに見捨てる冷たい人間だ」

だの、開かない扉の前で喚き立てるキチへと華麗な変貌を遂げたので、さっくり通報して警察の方にお持ち帰りいただいたが、その晩に警察から連絡を受けたらしく、彼氏のご両親が家に来た。

ご両親に事情を告げると、どうやらご両親は実家で同棲する以前に同棲の事自体を知らなかったそうで、ウチの馬鹿息子がご迷惑をお掛けして申し訳ない!とひたすら土下座。

すると突然、玄関のドアからドガーン!と何かがぶつかる音がして、程なくして彼氏が部屋に上がり込んで来た。

鍵を掛けておいたのに何故!?と思ったが我が家は築40年のボロ家。

ドアは見事に蹴破られていた。


ご両親は人様の家で何やってんだとか、これ以上恥を晒すなとか言って彼氏を抑えようとしたが、20代の男の体力には勝てるわけもなくぶっ飛ばされ、母をかばってたウチの弟(当時高校生)も簡単に弾き飛ばされた。

これはヤバい!と思ったものの、体がすくんで動けず。

携帯もかなり離れたところに置いていたので警察を呼ぶ事も出来ず。

家の中は荒らされ放題なすがまま。

が、厨二時代にどハマりしてた土方歳三のタペストリーを引きちぎられた瞬間、私の中の何かが覚醒して「土方さんに何してくれとんじゃゴラアァ!」と彼氏に掴みかかり、顔面にパンチして、ひるんだスキに腰をガッツリ掴んでバックドロップでKO。

そして弟に母親とご両親を避難させるよう指示し、そのままグッタリしてる彼氏を持ち上げたまま、家の外へと放り出して警察に通報。

数十分後に彼氏は再び檻の中へと戻され、ご両親は再び土下座祭りで収拾が付かなかったが、彼氏を二度と家から出さない、私との接触はもちろん禁止。破ったら被害届を出すと約束させてからお引き取り願った。

と、まあそんな修羅場を体験しました。


今思えば、火事場の馬鹿力なんだろうけど、よくあんな恐ろしい真似が出来たもんだと当時の自分に驚きます。


ちなみにロミオメールもksほど来たけど、仕事と看病の合間を縫ってやっと見つけた弁護士さんと被害届がとてもいい仕事をしてくれたので、半年くらいで平穏な生活が戻って来ましたよ。

って事でROMに戻ります。
支援ありがとうございました。
関連記事
2017-06-26 14:23 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR