デジカメがなくなったが

※オカルト気味注意


子どもと仲の良い子数人とその家族で旅行に行ったときのこと。

最終日にデジカメがなくなり、普通なら悲しんだり嫌な思いするのだろうけど、ある理由からほっとしていた。

そして旅行から帰って2週間くらいした後、一緒に旅行した子どもの友達(A)の父親が凸。

話を聞くと、

・妻(A母)が私からデジカメを譲ってもらったがそれから体調が悪い。

・中の写真を見たら心霊写真だらけ。

・妻を呪ったに違いない。治療費と慰謝料支払え。

と、いうもの。

実は私がデジカメなくしてほっとした理由というのが、私が撮った写真に心霊写真が何枚もあったということ。

しかもなぜかA母が写る写真ばかり。

必ずA母のまわりにもやのようなものがかかっていた。

撮った人間にも不幸があると聞いていて気味が悪いし、A母にも伝えようと一瞬思ったが、気分の悪い話を聞かせるのもどうかと思い、渡りに船とばかりにデジカメがなくなってくれたので厄落としができたと思い、私と旦那の中でとどめておくことにしていた。

そんな矢先でのこの凸。

A父に譲ったものでなくてなくしたもの。と事情を説明。

A父、A母激ラブでA母のことを信じきっているので説得に苦労したが、だんだん冷静になってきてようやく謝罪。

後日A母を連れてふたりで謝罪しにやってきた。
 
子ども同士の付き合いは制限しないけど、それ以上の付き合いは遠慮させてもらうこと。

それからデジカメとメモリーカードはしっかり責任を持ってA家が処分すること。

デジカメとメモリーカードの代金を支払うことで和解した。

ただ残念なことにその後A家では不幸続き。

A祖父死亡、A遊んでいて骨折、A父リストラ、A母病気で子宮摘出。

このことをあの写真が暗示していたのかな~と旦那と二人gkbrしました。

泥話なんですが、厄落としにもなったみたいです。

関連記事
2017-06-24 18:20 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR