目が覚めたら知らない家

昔、冬コミの前日にわくわくしながら床に就いて、目が覚めたら知らない家にいて夏も終わりになってたことがある。

あれは心臓止まるくらい驚いた。

種明かしすると冬コミ終った次の日に車に撥ねられて、体はそれほど大したこと無かったんだけど、頭蓋骨割れるくらいの大怪我して、2ヶ月以上意識不明の重態になった。

その後一応意識戻ったんだけど、記憶も知能も低下してほとんど廃人状態だったらしい。

社会復帰どころか日常生活が満足に出来ないほどで、食事も人の手借りないと出来ないくらいひどかったらしい。

何しろまともに会話が出来なくて自分の名前も言えない。

結局5ヶ月後に退院した後、親戚の家の近くにあるリハビリ施設に入院して、何とか介添え付きで歩ける程度に回復したらしい。

それで初めて外出許可もらえて、親戚の家に泊めてもらった時に気が付いた。


らしいらしいって書いてるのは、この間自分には全く記憶が無いから。

自分の主観では目が覚めたら冬コミの前日から夏の終わりにワープしていて、しかも自分のアパートのベッドから、知らない家の一室に一人で座ってた。

何が何だか分からない上に自分の体がびっくりするほど痩せてるわ、立って歩こうとしたらやたら体はふらつくわ。

それでも何とか別の部屋に行ったら、げっそりやつれ果てた母と親戚のおばさんが驚いて倒れかけるし、何かもう訳分からなすぎてカオスだった。

やっとのことで泣く母から事情を聞いたときには、まだ夢見てるのかと自分をつねりまくったよ。


今は何とか社会復帰して、基本在宅で仕事してる。

定期的に検査に通わないといけないけど、大きな後遺症も無いし予後も良くて一安心w

ただ検査と定期健診は一生続くらしいのが辛い。

こんなマンガみたいに廃人から突然奇跡の復帰って、あまり例が無いそうでしばらくは病院で騒がれたり、学会に発表させてほしいって写真撮られたりして忙しかった。

それと体はすっかり治ったんだけど、傷跡がハゲになってウィッグが手放せないw

でも生きてご飯食べられて同人誌読めるって幸せだ。
関連記事
2017-06-20 18:12 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR