事務のお局

うちの家族に経理の人間がいる。以下A。

Aの勤めてた会社が不況で倒産し、再就職。

ごく小さな会社で帳簿がgdgd、これを何とかするのが仕事。

しかし領収書はまとまってないし、小口現金のメモすらあいまい。

そして事務のお局がすごいイビリをする。

お昼のお弁当をAの分だけ注文しない。

当番制だった掃除を新人の仕事だと全部やらせる。

お茶を淹れる時もAだけスル―。

自分が書く書類をAに書かせ、取り上げて提出。

出納のことで不明瞭な部分について聞くと、「忙しいから聞かないで!」とキレる。

そしてその事を「Aさんは人に質問してばかり、仕事ができない人だ」と社長に報告。

さらに、Aは鍵を持ってないのに鍵をかけて先に帰ってしまう。

鍵がないAが慌てて電話しても携帯の電源が切れてる。

他に鍵を持ってる上司は出張で不在。

彼らが帰って来る夜遅くまで、会社に残るはめになった。

翌日文句を言うと「あらいたの~、気付かなかった」とニヤニヤ。

Aはその時点で、「これはやってるな」とピンと来た。

そこでイビられつつじっくり帳簿の整理整頓をしたら、案の定お局の横領が発覚した。

その金額7桁。

今まで経理がgdgdだったから発覚しなかったらしい。

それでAをイビって追い出そうとしてたと。


お局は申し開きの場で、生活費が~、子供の学費が~と泣いた。

お局の旦那は普通に仕事して稼いでおり、お局の給料は全部自分のお小遣いのはず。

ブランド品多数、髪の毛はいつもきれいにしていて、自分専用の新車だって持ってる。

だがそんなのは家庭の問題だからと、お局は円満退職という形にして、退職金は横領の返済に充てるという事実上のクビ。

警察に引き渡せよ!と思うかもしれないが、この手の横領犯は警察沙汰にしたり、クビだとはっきり宣言すると、逆恨みして何をするかわからないからというAの経験からの判断。

しかしお局は表向きは面倒見のいい姐御だった上、退職の理由を「Aがね…ううんなんでもないの」という言い方をする最後っ屁をかましたので、事情を知らない平の女性社員からAはハブられている。

小さな会社なので、住んでるのが地元民ばかりなんだって。

お局も会社の近所だから、噂になると生活に影響して、引っ越したりしなきゃならなくなる。

子供もいじめられるだろう。

引っ越す金があるなら返金に充ててもらうし、夜逃げされたら探すのが大変。

家族ひとつと会社の利益を考えたら、ハブられても屁でもないそうだ。

事情を知ってる上司たちは理解してくれてるし。

逆ギレされた時の方がほんとにめんどいらしい。

塀の中に入れちゃうと金返って来ないし、家族からは恨まれるし散々だって。

ちなみに昔、Aに逆恨みした社員が頃すつもりで我が家に侵入しようとしたりとか、車を壊された事もある。

この時は引っ越ししました。
追い詰められた人間は狂います。

Aはそろそろ隠居の年齢だし、秩序や正義のために危ないことはして欲しくないです。

せめて仕事から帰ったら家族で労わります。
関連記事
2017-06-16 14:04 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR