花束泥ママ

昨日、生まれて初めて泥された。

泥というか引ったくりのようなもの。

フェイク入れてるので矛盾点は見逃してください。


家族ぐるみでお付き合いのあるおうちの娘さん(A子ちゃん)のピアノの発表会へ行った。

私の娘とA子ちゃんは学校が違うけどとても仲良し。

演奏後のA子ちゃんに渡す花束を持って客席でwktkしてたら、娘の同級生(特に親しくない程度の間柄)の母親Bが近付いてきて

「まぁ!B子のために花束を?ありがとう」
みたいなことを言ってる。

どうやらB子も発表会に出るらしい。

「いやいやいやこれは別の子に渡すものです」
と丁寧に断って席を移ってやり過ごした。

やがてA子ちゃんの順番が来て、弾き終えた後の拍手タイムに娘と一緒に花束を渡しにステージへ。

すると拍手に混じってBの

「ふじこー!」

振り向くとなんかすごい顔したBが

「その花束はうちのB子に渡すものでしょ!」

と言い終らない内に、娘が抱えてた花束を強奪そしてダッシュ。

しかし薄暗い会場の段差につまづいて派手に転び、わめき散らしながら花束をぐちゃぐちゃにして踏みつけてた。

私も娘も、A子ちゃんも唖然・・・客席だけがザワザワ。

ああ、これがよくきく「ファビョるってやつか・・・」なんて少し冷静に考えられるようになった頃、係員の方たちがBを回収し、A子ちゃんはステージ裏へ。

楽しい発表会の場をカオスにしてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

係員さんに心配されて休憩室で休んでくださいと言われたが、娘が吐くほど泣きじゃくってたので早々に帰宅。

A子ちゃん家族とは電話で連絡を取り合ってその日は終わり。

Bがあまりに暴れたのでその場限りでB子はピアノ教室を辞めさせられたらしい。


さっき学校から帰ってきた娘とお花屋さんへ行って、昨日と同じ花束を作って頂き、A子ちゃん家へ届けに行った。

娘とA子ちゃんの笑顔が直視できないくらいまぶしくて嬉しかったので記念カキコ。

担任の先生には連絡帳で事情を知らせておいたが、B子は特に変わりなく学校へ来て、普段どおり娘との接点もあまりなかったらしい。

住所も知らないだろうしこのまま凸とかなければいいけど、念のため携帯電話のボイスレコーダー機能はすぐに使えるよう練習しとく。

以上です。

関連記事
2017-06-11 14:11 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR