近所のママが泥ママだった

近所のママが泥ママだった

私の従姉妹がうちの娘を可愛がってくれていて、何かとプレゼントをくれていた。

(某変身アニメのコレクション要素のあるおもちゃとか)

ただポンポン買ってくれるんじゃなくて、テストで何点取ったら~とか、家で手伝い何回したら~とかそういうノルマを決めてプレゼントしてくれるので、こちらとしてもありがたかった。

(実際成績が上がったり積極的に手伝ってくれるようになった)

そしてビーズ手芸が趣味という事もあって可愛らしいストラップを作って娘にくれたんだけど、ある日それが鞄から無くなっていた。

聞いてみると体育の授業で教室を空けて戻ってきたら無くなっていたという。

勉強を頑張ったからお姉ちゃんがくれたのに…と落ち込む娘。

しかも大人は小学校に入れないので犯人は少なくとも同じ小学校の児童だという事実も発覚。

その事を従姉妹に報告したら「子供の物を盗むなんて!」と怒り心頭。

遠方に住んでいるので駆けつける事は出来ないが…と代わりに送ってくれたのが、マスコットの付いたキーホルダーに従姉妹お手製のストラップがついたキーホルダー。

新しいのをあげる、という事なのか?と思ったら、すぐにその正体がわかる事となった。


ある日、我が家に娘の友達を招待して遊ばせていたら、娘の自室からピピピピピピピピ!!という大音量のアラームが聞こえてきた。

目覚まし時計のアラームじゃなかったので何事かと娘やその友達と慌てて部屋へ行くと、招待した友達のうちの一人が…

話しを聞くと前述のストラップ泥もこの子で、今回は通学かばんについていた物を盗もうと部屋に忍び込み、ストラップを引っ張ったらこうなったらしい。

つまり、従姉妹が送ってくれたのは防犯ブザーだったということ。

後から知ったが娘は従姉妹へお礼の電話をした時に

「ストラップは引っ張っちゃだめだよ」
と教えられていた。

しかもこの窃盗を指示したのはこの子の母親。

母親はまた作ればいいじゃない!!などとヒス起こしてきたが、従姉妹(電話をかけた)にドスの効いた関西弁でブチギレられ、さらにまともだった父親にもしっかり怒られていた。

そして従姉妹に何で私に教えてくれなかったのか聞いてみたら

「だって○○ちゃん(私の事)、ここがこうなってるのよーとか犯人の子にもサクッと喋っちゃいそうじゃん」とorz

否定できなかったあたり私の事を良く分かってると思ったw


「見せて」と手に取った程度なら鳴らないように出来ていて、普通友達の鞄についたキーホルダーを力任せに引っ張るなんて事はしないし、娘は徒歩通学で通学鞄を持ったまま電車のように混みあった場所に行かないから誤作動もないだろうと踏んで送ったんだそうな。

電話越しとはいえ関西訛りの怒鳴り声は相当迫力があったろうと思う。

「子供に泥棒さすとか何考えとんじゃ、お前が小学校行った方がええんとちゃうか!!」
みたいな事は言っていた。

(電話から距離があったのに聞こえてきたのでかなり大声で怒鳴っていたと思われる)

ちなみに私は関西出身ではなく、関東の方の訛りなのであしからず

関連記事
2017-06-09 18:08 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR