幼馴染ママに盗まれた

気づかない内に秘蔵の映画パンフレットを盗まれ、オークションで売られた。

犯人は近所に住む幼馴染ママだった。

私は年の離れた兄が映画好きだった影響もあって、独身時代まではかなり頻繁に映画館に通っていた。

パンフレットも必ず買うようにしていた。

購入したパンフレットの最終ページには

「○年○月○日 ○○(映画館の名前)」

ってシルバーとかゴールドのペンで書いていた。

結婚と同時に家を出る際、それらのパンフレットも持ち出したかったけど、新居の社宅は狭かったので泣く泣く実家に預けて嫁いだ。

除湿剤や虫除けも入れて封印し、帰郷するたびに中身を確認しては思い出に浸った。

いつか子どもが巣立って余裕ができて、自分の趣味の部屋を作ることができたらきっと持って行こうと思っていた。

そしたらまるっと盗まれた。

パンフレットを入れた箱は実家の一階に置いていたのだけど、それが忽然と消えた。

消える前年のお盆に帰郷した際に箱を確認しているので、それから一年の間に盗まれたとは思うけどとにかくそれ以外全く何もわからなかった(現金とかもっとわかりやすいものが盗られたのなら両親も気がついたかもしれないけど)

被害届けは出したけど、きっともう手元に戻ることはないだろうなぁと思うと悲しくて泣けてきた。

するとその様子を見ていた夫と娘が、オークションでパンフレットを3冊落札してプレゼントしてくれた。

特に思い入れのある3作品

(初めて夫とデートしたときに見た映画とか)のことは映画の話をするたびにしていたしDVDやビデオもあったしポスターも持っていたので、当たりがつけやすかったのだと思う。

パンフレットはきちんとビニール包装してあって、どれも美品だった。

感動して、泣きながら夫と娘に感謝を述べて包装を開けてページをめくっていたら、その内の一冊に見覚えのある筆跡が。

間違いなく盗まれたパンフレットだった。

その後は警察に通報、オークション運営サイドに盗品であることを連絡。

結果犯人が幼馴染であることがわかった。

全体の5%ぐらいはオークションで売られた後だったけど、残りは全部取り返すことができた。

幼馴染泥ママ(2児の母)が言うには、

「大切なものだと昔から言っていたので高値で取引されていると思って実家の窓から侵入して盗んだ。でも、実際に高価なものはほとんどなく、落札されたのも少数だった。騙されたと思った」

転売目的で盗んでおいて何が騙された、だ。

超人気俳優や監督の直筆サイン入りパンフレットとかならいい値段がつくかもしれないけど。

多分、「大切にしてるもの=高価なもの」としか認識してなかったんだろうな。

とりあえず、今日全てのカタがついたので記念に報告!


犯人は余罪(窃盗)もあり前科もつきました。

本人からの謝罪はなく、示談は絶対に受け入れたくなかったので突っぱねました。

今日、余罪の方で塀の向こうに収監されることが決まったと、警察から連絡が来たので報告させていただきました。

関連記事
2017-06-03 22:21 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR