紙袋が綱引き状態

平和に1年程過ぎたので記念カキコ。

旦那(30前半)と娘(2歳未満)とデパートへ、ちょっとした記念日ってのもありブランド紙袋を2~3引っさげブラブラしてた。

旦那がトイレ行くってんで、エスカレーター脇にあるソファーに座りちょっと休憩。

ベビカの娘にかまってると傍らに置いた紙袋たちに異様な違和感を感じ、ふと見ると紙袋たちをワッシと掴んだ50前くらいの子連れ(約10歳)おばさんと目が合った。

お互い本当に一瞬「ピタ」っと静止したのは今でも鮮明に覚えてる。

私「ちょっ、それ私のです!!!!!!」

オバ「それちょうだいedrftgyhujikol!!!!!」←そんな大きい声じゃなかったしちょっと何言ってるのかわからなかった。

と綱引き数秒(だと思う)、周りから注目を浴び始めたところで旦那帰還、オバの手首をガシっと掴み参戦。

旦那「ちょっとオバさん、それ俺らが買ったものなんやけど」

オバ「ふがふがふがふが」

旦那「・・・こらアカン」

旦那さんそうつぶやいた瞬間、オバの大腿部にいきなり ローキック をかます。

「パゴッ」みたいな音がしてオバさんへたり込む。

私一瞬絶句した後、「旦那が傷害で捕まっちゃう!」と軽いパニック。

旦那はひるんだオバさんを取り押さえるような格好になって

「店員さん!警備員か何か呼んで!」

と蹴りかました割には冷静っぽい。

オバさんの子が「ママを離せ~」みたいに旦那に掴みかかったけど、旦那は

「おいガキ、お前のママは悪い事したんだから離さん、お前も悪い事した奴を庇うと悪い奴の仲間になっちまうぞ」

みたいな事言って睨みつけると、その子もシュンとなった。

オバさんは旦那に押さえつけられて呻いてた。


やがて駆けつけた警備員にオバさんドナドナ、私たちも同行、警察も呼んで貰った。

旦那が傷害に問われないかがすごく心配だったけど

「何言ってんだ、あのババア完全に強盗じゃねえか、正当防衛だよ」

私「でも蹴っ飛ばすのはやり過ぎじゃない?」

「ああ言う手合いは何言っても通じないから他にやりようがないだろ顔面にグーパン入れるよりマシだろ」

私「グーパンて・・・」

「でもお前や娘の顔にこんなんされたらマジで殴り殺してたかもしれんし、その前に止めたかったんだよ」

と、ひっかかれて血が滲みまくった手を見せられた。

それ見た瞬間私があのババアに顔面グーパン入れてやりたくなりました。


何かこう書くと旦那さんすごいDQNぽいけど、普段はその対極にいる様な穏やかな人です 。

警察来た時は、オバさんが蹴られた蹴られた喚いていたので事実確認。

旦那「ええ、蹴っ飛ばしましたよ」

おいおい堂々とし過ぎだろ。

その後呼び出しがあり、娘を良トメに預けて2人で署へ行きました。

防犯カメラには写ってなかったけど、証人が多かったのと旦那も傷を負ってたので特にお咎めはなし。

「傷害で訴えられたとこで不起訴処分がいいとこpgr」

私は法律に疎いけど、旦那さんは変な事知ってて私人逮捕とか親告罪か否かとか言ってました。

でもあの時に言ってた「モモカンかました」は未だに意味がわからん。

「モモカン」とは何か聞きそびれて蒸し返すのも何だし、未だに謎。
関連記事
2017-05-31 22:17 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR