13年前嫁が出て行った

13年前、

「無職の貴方には人としての魅力も夫としての魅力もありません。

子供は貴方を恋しがるので貴方が面倒見て下さい。

私は、新しい人生を築きたいと思います、今後は私に係わらないで下さい」

って手紙置いて出ていった、、、、、男とね


汚嫁の実家は、割と裕福で結婚するときも実家からは反対されて、子供が出来てもあんまり変わらなかったんだが、会社が倒産して、就職活動&アルバイトで家を空けることが多くなって経済的にも行き詰まった感が出た頃

昔(独身時代)の勤め先の男と再会して、しかもそいつがかなり羽振りの良い男だったので、汚嫁両親・兄弟・兄弟共に汚嫁の見方、、、、

子供(娘)は、俺に押しつけて、その男と新しい人生を云々って事になった。


どうやら、男の方が、俺と汚嫁との間に出来た子供を面倒見たく無かったらしい

自分で種付けしたかったんだろうな。

慰謝料・手切れ金¥400万(当時)送りつけてきて終わり

俺は、小児喘息患ってた娘連れて、実家っても四国の田舎だったけどなに都落ちした。

汚嫁は、1年後くらいに男とは別れて、今度はそれ以上に羽振りの良い男に乗り換えたらしい
(この間事情を聞いた)


今では俺の方が金持ちだけどwww

なんて書くとネタ呼ばわりされるだろうが、残念ながら貧乏なままですwwww

田舎で必死で働いて、何とか娘を育ててたら空気が良いのか食い物が良いのか、小児喘息もいつのまにか治ってた。


5年前に俺両親も亡くなり、実家を処分して県庁所在地に引っ越し

娘は、昨年の春に無事高校を卒業して地元の大学に進学

両親から譲り受けた田んぼと畑etcは、一昨年に郊外型大型ショッピングモール&大型電気店&本屋に貸与

その他、最低限米と野菜自給出来る分を除いて借地に弟と協同で借金して、若い人向けのワンルームマンション&アパートを建てました。


そんなある日、いきなり汚嫁&親兄弟がはるばるやってきて

「過去の事は水に流して下さい」

などと抜かしやがるので話を聞くと


汚嫁旦那→借金で破産

汚嫁父→汚嫁旦那に財産を預けていて破産

汚嫁母→死に至る病で余命半年

汚嫁兄→自殺一家離散

汚嫁姉→離婚(旦那&旦那実家の金を汚嫁旦那に預けてたらしい)

汚嫁妹→借金まみれ(らしい)

13年ぶりに会う汚嫁は、ただの豚にしか見えず、会談場所に選んだ某ホテルのロビーでぶぅぶぅと喚くだけの存在でした。


昨年、卒業式の後

娘に初めて、離婚した経緯と真相を話して、汚嫁が残して行った手紙を娘に見せてたのでトドメは娘が打ちました。

曰く、

「あなた方には、人としての魅力も母としての想いも祖父・祖母・身内の情さえも湧きません

父と私は、新しい人生を歩んでおりますので、今後は私達一族に係わらないで下さい」

私は、娘が書いた手紙を、広げて渡すと無言で席を立ちました。


これで終われば、ハッピーエンドwwwwなんだけどねぇ

あれから、毎日毎晩連絡が来る来る

おさだまりの台詞なんだけれどもねぇ
関連記事
2017-05-30 14:14 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR