姑はリサイクル大好き

うちの姑はリサイクル大好き。

少し前に牛乳パックスツールの作り方を、老人会で習ってきたとかで早速一つ作り、さらにそれを芯にして周囲にボロ布を巻いて饅頭型にし、古いセーターなどをほどいた色とりどりの毛糸でカバーを編みつけて、とてもゴミ同然のものが材料とは思えない椅子を作っていた。

あんまり出来がいいので本人もお気に入りらしく、よくウッドデッキに置いてそれに座って日なたぼっこしながら編み物をしていた。

ある日、用事で姑の家に向かっていたら、小学校低学年くらいの男の子が極彩色の大きな丸いものをごろごろ転がしながら歩いているのを見かけた。

色合いにピンときて男の子を呼び止めたら、やっぱり姑の椅子。

「これどうしたの、あの家(すぐそこが姑の家だった)のお庭にあったやつだよね?」

と聞いたらその子は困ったように

「ママが取って来いって言うからとった」

と言って、椅子を置いて走って逃げ出した。

仕方ないのでその椅子(ぼろが詰まっているので激重)を私がかついで姑の家に戻したけど、道路を転がされたもんだから、せっかくのカバーがぼろぼろになっていて

姑は「せっかく苦労して編んだのに…」とガッカリしていて可哀相だった。

姑にいろいろ聞いたが、泥棒しようとしていた男の子には心当たりがないそうで、そのときは、悪い子もいるものだ…で話を終わらせた。


そして、それから一週間ほどした昨年のクリスマス。

ケーキとプレゼントを届けに、また姑の家に行った。

例の椅子のカバーは編み直されてすっかり綺麗になっており、外に出してまた盗まれると困るからと、玄関の上がり口で置物の台にされていた。

家に上がって一緒にケーキを食べながらおしゃべりしていたら、誰かが来た。

出てみたら年配の女性(Aとする)で、椅子を返せとわめいている。

落ち着かせて話を聞いたら

「娘の家から盗まれた椅子が、この家のウッドデッキに置かれていた。どこに持って行った、返せ!あれは北欧家具の店で買ったもので30万もするそうだから失くしたのなら現金で返してもらう、さあ出せ!」

とのこと。

姑が「それってこの椅子ですか」

と手作り椅子を指し示すと、Aは写真を取り出して(いつの間に撮られていたのか、ウッドデッキに置いてあったときの写真)見比べ、これで間違いないと言った。

姑は、必死で笑いをこらえている顔で

「本当に30万もする品なんですか?」

と何度も確認し、Aはそのたびに

「娘がそう言ったのだから間違いない」

と言うので、じゃあ調べてみましょう、と姑は椅子を解体。

カバーを取ると、出てきたのは紐でぐるぐる巻きに固定されたボロ。

しかも一番上はウトの着古したモモヒキ(ウエストゴム部分に名前入り)。

姑がとぼけた顔で

「○山×郎って、北欧でも漢字で名前を書くんですねえ。うちの夫と同姓同名みたいですけどすごい偶然ですねえ、運命ですかねえ」

なんて言うもんだからもうおかしくて腹がよじれそうだったw

Aはボーゼン。

ファビョるのかなと思ってたけど、意外にもAは顔を真っ赤にして

「当方の間違いでした、申し訳ありませんでした…」

と謝り何度も頭を下げて帰った。

私はそれからすぐ帰ったんだけど、翌日電話で聞いたところによると、少ししてAは娘を連れてもう一度謝りに来たそうだ。

どうやらA娘は通りすがりに見かけた姑の椅子が気に入って(北欧家具の店で似たようなものを見かけ、欲しかったらしい)息子に盗ませようとしたが失敗したので、自分の物を盗まれたことにして母親を寄越したらしい。

自分で盗みに来なかったのは、子供なら捕まっても悪戯ですむし、母親なら年寄りだから大目にみてもらえるが、自分だと許してもらえないから…だとか。

そして椅子のことは、本当に北欧家具だと思っていたんだとwww

いくら出来がよくてもそれはないわwwwww

(しかし姑はすっかり気をよくして、椅子を増産してバザーで売ろうと考えてるらしい)

それにしても、欲しいものを手に入れるために子や親を使って自分は待ってるだけだなんて、A娘にはマジでむかついたわ。

おもしろかったけど。
関連記事
2017-05-26 22:16 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR