バッグのヒモが突っ張る

今日っていうか昨日の土曜日、彼氏と一緒に動物園に行った。

誕生日に彼氏に買って貰ったナイロン製のバッグを肩に掛けてたんだけど、キリンにエサ(キリン用に売ってる物)を食べさせてたらなんかバッグのヒモが突っ張る。

何かに引っかかってんのかなーと思って振り返ったら、見知らぬ子連れママさんがバッグの中に手を突っ込んでた。

慌てて「なんですかっ!?」って怒鳴ったら

ドギマギしながら「あ、えっと、あの、中の物が落ちそうになってたから押し込んであげたの。」と。

でもファスナーできっちり蓋できるバッグだったし、ちゃんと閉めてたのに開いてて手を突っ込んでるなんておかしいし、明らかにスリだろう、と思って

「いや、ちょっと待って下さい…」

って言いかけたら彼氏が割って入り

「すいません、ありがとうございました。」

と言って私の肩を抱いてその場から引き離した。

「ちょ…だってあの人スリだよっ…」

と言う私に彼氏が

「いいから、行こう。こっち。」

と肩を抱いたまま連れて行かれた先は案内所。

そこで彼氏が「園内にスリがいます。あとカッター持ってました。」と。

「こんな時は騒がず係員に言った方がいいんだ。」と。

とりあえず特徴と、出来事の有った場所を伝えてその場を去り、園内のフードコートに行ってジュースを飲みながら彼氏がタコヤキを買ってきてくれるのを待ってたら、なんか急にフっと肩が軽くなった。

振り返るとさっきのスリがカッターでバッグ切って財布を抜いてた。

ビックリしてとっさにスリ母の手を蹴って持ってた私の財布を落としたところを、財布を足で踏んでとりあえず死守。

スリの姿を見つけた彼氏がタコヤキを投げる。

私に命中。服ソースまみれ。

それを見てたスリ娘(たぶん5歳くらい?)が何故か泣き出してスリ母、我に返る。

スリ子の手を引いて逃げようとしたところを彼氏が反対の手を捕まえて(カッターが握られてたままだった)そのまま「誰か係員か園の人呼んで下さい!」と叫んで駆けつけてきた係員に引渡し。

そのままスリと一緒に詰所に行って警察を待ち、調書を取って帰宅しました。

県外(高速で3時間距離)の動物園の所轄警察だったから、この先また何かで呼び出しとか有ったらそこまで出向かなきゃならないのかなぁ…とか思うとかなり鬱。

その上買って貰ったばかりのバッグもパーで非常に鬱。

バッグとお揃いの柄のお財布も私の足型がついちゃってかな~りかなり鬱。

弁償して貰うにも、どうしても欲しいちょっと前の柄と欲しい型のバッグだったから、ネットで探しまくって買って貰ったからまだ在庫あるかどうかわかんないし。

動物園も途中で切り上げる事になっちゃったし…最悪でした。

あ、そうだ。

伏せてたけど、注意の為に敢えてブランド名出します。

レスポのバッグ簡単に切り裂かれちゃうから用心して下さい。

私も、海外旅行で使うのは不安だなあ…と思って国内でしか使わないようにしてたけど、日本でも同じような手口のスリが居ます。

遊園地や動物園、観光とかにレスポのバッグって便利なんで使ってる人は大勢いらっしゃると思うので。
関連記事
2017-05-25 14:06 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR