通院歴があるダメ義弟

義弟の妻は、義弟がメンヘル仲間とプリンしたのが原因でぶち切れて離婚。

義弟の子どもたちは成人したが、無責任な父親を嫌って全員行き先を隠して逃亡中。

そんな状態なので、義弟が問題を起こすたびにわが家に連絡が来る。

酒を飲んでは暴れてポリのお世話になる義弟は、通院歴があることを理由に壁の向こう側にはいかないけれど、いままで義弟が飲み倒したツケをはらったり、親戚や友人に義弟が借金したお金を払ったりと、わたしたち夫婦はさんざん尻ぬぐいをさせられてきた。

職場で上司を殴り、客に暴言を吐き、義弟はとうとう仕事を辞めさせられた。

大企業で、早期退職制度を使ったので、退職金は相当なものだったらしい。

大金を手にした義弟は、キャバクラで豪遊し、芸者遊びをしと、ろくでもない使い方をしていた。

「この調子ではお金はすぐに使い果たす。老後困ることになるから考えろ」

と夫が義弟に説教をすると、

「兄貴はおれの金を狙っているんだろう」

と言いがかりをつける。

しまいに義弟は切れて

「おまえには一切世話にならないから文句言うな!」

と怒鳴り、

「兄貴とは縁を切る!」

と、わが家の玄関ドアにけりを入れて帰っていった。

縁を切るのは願ったり叶ったりなので、いままで義弟のために立て替えた金額を弁護士を通して請求し、ドアの修理費用も払ってもらった。


案の定すぐに退職金を使い果たして文無しになった義弟はまた問題を起こした。

タクシーを無賃乗車し、警察に捕まったので、わが家に引き取れと電話があった。

義弟が引取先として、夫の名前と電話番号を言ったそうだ。

「義弟とは縁を切っていますのでわが家に連絡されても困ります」

と突っぱねてあげた。

警官が困って「でもご兄弟でしょう」と食い下がってくるので、夫は

「弟は自分からわが家とは縁を持たないと言ってきました。弟には成人過ぎた子どももいますので、わが家には責任を負う義務もないでしょう」

と徹底的に突っぱねた。

しばらくして義弟から猫なで声で金を無心する電話があったが、

「お電話間違えていらっしゃいますよ」

と、抑揚のない声でこたえて切ってやった。

何十年かの尻ぬぐいの苦労が今終わったと、電話を切ると心の底から晴れ晴れした気持ちになった。

その後義弟は檻のある施設で誰の面会もなく、余生を楽しく過ごすことになったらしい。
関連記事
2017-05-22 22:20 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR