除菌ですよ

同じマンションの親子にタゲられた。

私(小梨)が在宅で仕事しているとどこからか聞き付け、子供(恐らく2歳にもなってないくらい?)を預かれと何度も凸してきた母親。

子供だけでの凸や、玄関放置は無いのでまだマシだけど、いつ来るかわからないピンポン連打にイライラは募るばかり。

母親がどこの部屋の住人なのか知らないので、その人の旦那に苦情も言えず、管理人に事情を話しても

「どの部屋の人かわからないと対処できない」

母親の特徴を言っても

「よくいる外見だからわからない」

と、イマイチな反応。

(ちなみに母親は地味な色合いの、コットンとかガーゼとかオーガニック好きそうな外見)

親子を知っていそうなマンションの子持ち主婦に話しても、「さあ…」とだけ。

マンション及び地域内の子持ち主婦の大半はなにやら小梨や独身を見下していて、小梨の私も好かれていないので、親子を知っていてもわざと教えていないのかも。

私が去ったあとこっち見ながら笑ってたし。


というわけで自力で何とかすることにした。

ある日いつものように親子がピンポン連打凸してきたので、用意していた除菌スプレーを持って出た。

玄関すぐそばには空気清浄機もスタンバイ。

いつものごとく「預かれ」と言う母親に「無理ー」と言いながら、チャイムのボタンに除菌スプレーを入念に振り掛ける。

ボタンは玄関扉すぐ横の壁にあるので、扉にチェーン掛けて手をちょっと出せば届く範囲。

母親「なにやってるの」

私「除菌ですよ」シュッシュッ

母親「はぁ?」

私「雑菌ついたんで」シュッシュッ

みたいな感じ。

「そんなのいいから預かって。チェーン外しなさいよ」

と、チェーンを握ってガチャガチャし始めたので、手の上からスプレー吹き掛けた。

母親「ギャー!何すんの!!」(チェーンから手を離す)

私「雑菌がいたので」シュッシュッ

ついでにチェーンの隙間からも見える位置に置いた清浄機をオン。

「あー汚い汚い」と言いながら、母親が触った扉の端や足元を無表情でシュッシュしていたら、なんか捨て台詞吐きながら逃げたので、母親がいたあたりの空間にシュッシュしておきました。

それから親子は来なくなった。

何度かマンションのエントランスで会ってしまい、またも「預かれ」と言われたけど、バッグから小さな容器に移した除菌スプレーを取り出していたら、次第に会ってもあちらが逃げていくようになった。

よかったよかった。

除菌スプレーは人体に影響無いものですよ。念のため。

関連記事
2017-05-18 22:14 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR