初彼が妻帯者だった

愚痴みたいですが投下させていただきます。

フェイクありです。

●私23歳
●先輩子26歳
●A 29歳
●A奥 28歳


私は23歳派遣である中小企業に勤めていました。

その時の教育担当である先輩と出会いました(以下Aとします)

Aと私はほどなくして付き合いだし、交際も順調でした。

交際を開始した当時、今まで交際歴がなかったので、会社の人に言うのは気恥ずかしく周りに内緒にしていました。


交際開始から1年のある時に、知らないアドレスからメールがあり、内容を見ればAの妻という方からのメール。

内容は「うちの主人に近づかないで」というもの。

私はAは独身と思っていましたのでプチパニックになりました。

そこで大学時代頼りにしていた先輩である先輩子(以下先子)に相談しました。

そうするとAは、先子と大学時代同じサークルに所属していたそうです。

私が入学しているときにはとっくにAは卒業していたので、私は気づきませんでしたが…。

先子によれば、Aは3年前にA奥と出会い結婚、子供までいるということでした。

ショックで先子の前で情けないくらいにボロボロ泣きました。

先子も

「知らなかったから仕方ないよね。でも、奥さんには事情を説明した方がいい」

と言われ、私もグズグズと泣きながらうなづきました。

送られてきたアドレスに

「旦那さんと一緒にどこかでお話を聞かせていただけませんか」

というメールを送り、会社の近くのファミレスで落ち合うことになりました。

私は先子についてきてもらいました。


ファミレスに行くとそこには既にAとA奥、二人の子供であろう赤の姿がありました。

話を聞いていくと、私との交際はA奥が妊婦でAのセ○ロス相手が出来ずの浮気だったそうです。

その後、関係が解消されることなくA奥にバレるに到ったとのことでした。

ただの体目当てだったのだと聞かされ泣きそうになりましたが、その時は堪えました。

A奥には

「貴方は知らなかったのだから慰謝料は請求しない。しかし夫(A)とは別れて会社も辞めてほしい」

と言われました。

私も相手は赤がいる身で、赤にはやはり父親がいるだろうと思いました。

さらに言えば、今部署が例え変わったとしてもお互い気まずいだろうし、私自身も辛いと思い、私は退社を決意しました。

話し合いの中Aはずっと黙っていましたが、帰り際に一言「すまなかった」と言われました。

私は何も言わずにその場を立ち去りました。


会社も辞め地元に戻り、今は父が経営する会社で働いてます。

最近幼馴染であった人と結婚しましたので厄落としカキコでした。
関連記事
2017-05-18 18:13 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR