結婚話が出て家族が変わった

友人の話。

友人は付き合って3年になる彼氏と婚約していて、結婚の話も出ていた。

それまでは特に問題ないように見えたのに、結婚話が出て彼氏の家族が変わった。

友人の実家はけっこうお金持ちで、それに目をつけた彼氏の家族が

「家がもうボロボロで建て替えたい」

とか

「キッチンだけでも先にリフォームしたい」

とか言い出した。

友人の両親は、家族になることだし、援助はするという方針だったので、彼氏の家族にいくらかお金を貸した(というか、あげたっていう方が正しいんだが)。

それでつけあがったのか、彼氏の家族はその金額に文句をつけ始めた。

建て替えると言っていた家もやめて、新居を購入したい、もう見つけてある、とか言って見せてきたのは、年寄り2人でどうやって住むんだよ…みたいな豪邸。

さすがに友人の両親はそこまでお金は出せないと言ったら、文句たらたら。

さらに、彼氏の両親は友人がアメリカのグリーンカードを持っているのにも目をつけて、失業中の彼氏をアメリカにやって、そっちで仕事をさせろと言い出した。

じゃあ、友人も一緒にアメリカに行こうかと言う話になったら、友人は日本に残って働いて、彼氏実家に仕送りをしろと理不尽なことを言う。

この段階になって、友人が切れて、彼氏としょっちゅう喧嘩するようになった。

それまでは普通に優しい彼氏だったのに、どう考えても理不尽な彼氏実家の味方をする。

(この頃は私もしょっちゅう愚痴を聞かされた。さっさと別れたほうがいいとアドバイスしたw)

彼氏の言い分は

「家族になるんだから、助けあうのは当たり前。お金はある方が(友人家族)が出して当たり前」

というメダマドコーな理論。

その後すったもんだがあって、彼氏はなんと金目当てで友人に近づいたことを自爆。

その後はさっさと別れることになったが、友人の憔悴ぶりひどかった。

そりゃそうだよな、3年も付き合って、同棲して、婚約した優しい彼氏が逆玉目当て。

婚約破棄になったとき、彼氏の両親は「新居のローンはどうするんだ!」と切れていたらしい。

友人両親の援助をあてにして、すでに契約してきたらしい。よくローン通ったな…。

友人も、友人の両親も「切れるところソコかよ」と呆れていた。

友人の名誉のために書くと、結構美人だし、スタイルもいい。

別に結婚を焦ってるわけでもないし、普通に友人を通して彼氏と知り合った。

(元)彼氏も何度も会ったことあるけど、常識人で優しそうな人と言う感じだった。

人って、お金のためなら本当になんでもできるんだなーと感じた出来事だった。

おわり。
関連記事
2017-05-13 22:17 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR