パジャマ作って

私自身、大物は作れないんだけど、友人Aがとても器用。

私が出産したとき、Aが失業中ということで「せめてもの気持ち」と、夏用の子供パジャマ(90センチ)を3枚も作ってくれた。

名前タグも付いているし、どうせ保護者の目に触れることはないだろうと、おもに保育園の昼寝用に使っていた。


そして今日、園の夏祭りの準備中、同級生母に「うちの子のパジャマも作って~」としつこくされた。

どうもクレ子早退の際に、パジャマの柄が好きでメーカーを確認したら手作りだとわかったらしい。

ず~っと準備も手伝いもせず、こちらが「私ではなく友人作」を連発しても聞く耳を持たない。

さて、どうしようと悩んでいると、見かねたBさんが

「それじゃあ私さん、友達に頼んであげなさいよ!

友達の月収、自給にするといくらくらいになる?(携帯を取り出し)

月収25万だとして月20日、1日8時間労働で1500円くらい?パジャマ1着ってどれくらいかかりそう?8時間で出来るもの?

生地代もタダじゃないわよね??何メートルくらい必要??3メートル???

生地って1メートル1000円くらい???

やだ!!クレさんたらブルジョア!!1着1万5000円のパジャマ!?

すごいじゃな~い!!!」

とまくしたててくれた。

口をパクパクさせるクレさんと、笑いをかみ殺す周りの保護者達。

調子に乗って「友人、失業中なので喜ぶと思います」と携帯を取り出すと

「やだ!本気にしないでよ!ただのお世辞じゃない!!」

と逃げて行った。

Aに顛末を報告すると、

「オーダーしてくれりゃあ、喜んで作ったのに」
と笑っていた。

ちなみに1着1.3メートル、3着で二日くらいだそうだ。

改めて素晴らしいお祝いをしてくれたんだな…と感じた。


関連記事
2017-05-04 22:11 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR