自転車が車に突っ込んだ

やっと解決したので(多分・・)、毒吐きカキコ。

ちょいフェイク入り。

近所のAちゃんが自転車で遊んでいて運転を誤り、車庫に入っていたうちの車に突っ込んだ。

すごい音だったので私もすぐに外に出たら、Aちゃんが転がって泣いていた。

うちの車のバンパーがベッコリと凹んでいたけど、Aちゃんは擦り傷程度。

取り合えずAちゃんをA宅に連れて帰り、Aママに事情説明。

Aママ、Aちゃんの身体を心配するより先に、私に謝るより先に、何より先に

「えー、本当にうちの子がやったんですか?証拠はあるんですか?」

とほざいた。

証拠もなにも、目撃者多数ですし、Aちゃんの自転車・うちの車を見れば一目瞭然ですから。

Aちゃんも動揺しているようですし、お互いの主人が帰宅したらまた改めて話し合いを・・ということでその場は終了。


夜になっても何の連絡もないので、仕方ないから翌日(休日)にうちからA宅に出向いた。

A主人は何も聞いていなかったようで驚いていたけど、Aちゃんに話を聞いたら

「私(Aちゃん)がぶつかった」

と認めたので、A主人からは謝罪をいただいた。

Aママはテンプレ通りの常套文句

「子供のしたことですから・・」

と何故か不機嫌。

で、肝心の補償について。

とりあえず、うちがディーラーで修理見積もりを取ってA宅に届けるということで、A主人の承諾をとった。

すぐにディーラーで見積もりを取ったところ、バンパー交換で約7万、その他ボディーについた傷修理で約7万、代車代約2万、で計約16万。

これだって私としては、代車を軽自動車でお願いしたり、バンパーも状態のよい中古(新車注文時に特注バンパー?を付ける方がいて、ほぼ未使用状態のバンパーがメーカーに残されることがあるらしい。

今回はそれがあったのでそれを希望・・完全新品よりも結構安い)にするなど、少しでも相手の負担を考えた。


そしてその見積もりをA宅に持って行ったところ、Aママがごねるごねる。

うちには元々バンパーに私が僅かに擦った白い擦り傷があったのだけど、それまでA宅で直す必要はないから、バンパー代は出さないと言いだした。

だったら、パンパー交換ではなく、Aちゃんが凹ませた部分だけの修理でも良いけど、それだとかなり大がかりな板金修理になり、交換よりも高くなるとの旨も伝えたら、ごね方も異常なテンションになってしまった。

「ディーラーは高い。安い板金屋にしろ」

「私宅の車両保険を使え。免責代と来年の保険料UP差額は払う」

「ボディーの傷はひどくはない。オートバックスで似た塗料を買うからそれで勘弁」

「そもそも、車庫に門がないのはどうか。子供が安心して遊べない」

などなど。

完全に面倒くさくなったので、修理を拒まれるようでしたら、然るべき手段を取りますから・・と言ったらAママ黙った。
顔真っ赤にして。

結局見積もり通りの修理をしてもらって車も無事帰ってきた。

Aママは近所に

「私さんは訴訟するとか息まいて、自分の付けた傷までAちゃんのせいにして修理させた。」

と言い回っているようだけど、目撃者も多数いたし、全然問題ない。

というか、私が言った然るべき手段って、近所の秩序について厳しい自治会長に話を通して仲裁に入ってもらうということだったんだけど。

訴訟とか言われててびっくり。アホかと。

Aちゃんは今日もうちの前を自転車で死に急ぐかのようなスピードで疾走している。

見かけたら注意するけど、本当に懲りない家族だな、と。

次うちの車にぶつかったら、Aママのいう然るべき機関に相談しよう。

それにしても本当に疲れた。こういう近所トラブルは非常に疲れる。
関連記事
2017-04-25 10:15 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR