女子専用アパートに住んでいた

大学生の時、女子専用アパートに住んでいたんだけど、隣の住人が大変盛んな人だった。

部屋を出るまで姿は見なかったが、朝であっても情事の声は聞こえ、夜遅くに帰って大騒ぎ迷惑この上なかった。

ある夜、友人と話していたら隣が騒がしい

「殺すぞ」
「死にたいのか」

とは言えそんなことはいつもだったので、友人もよく知っており馴れていた。

「ところで、今日は満月だね」

話題を変えようとした彼女の言葉にカーテンを開けた。

するとベランダにパンツ一丁に両手に服を持った男が震えていた。

「お~間男か」

隣の騒ぎから察して話は見えていた。

思わず友人と感動しつつも、どうしたものかと思案。

しかし真冬で雪も降っていたので部屋に入れてあげることにした。

もちろん武器を手にして。

服を着てもらい、温かいお茶を出し、話を聞いて玄関から出ていって頂いた。

まぁ、間男だった訳だが、あまりにおまぬけ過ぎて笑ってしまった。

隣は最後は警察沙汰になり、次の日には大家さんに叩き出された。

隣はかなりの修羅場だったことが、後に大家さんから明らかになった。


元々、部屋に乗り込んで来た時から包丁持って来ていたとか、お隣りは間男と会っていたが、鍵をガチャガチャしたのに慌てて、パンツ一丁なのにベランダに押し出し、カーテン引いたと同時に相手が乗り込んで来たとか。

何も言わず黙って包丁をかざし、じっとお隣りを見つめた。

そして無言で壁や家具を包丁で切り付けた。

当然ながら止めたら、髪を掴まれそのままに切り付けるのをやめなかったらしい。

大家さんに頼まれ、お隣りが出ていった後の片付けを手伝ったが、すごかった。

壁はずたずた、床も切り付けた跡あり。

風呂場はステッカーがべたべた、シンクにGが湧いていた。
うじ虫を食べるGって・・

お隣りの話を大家さんから聞きながら片付けた。
何も考えずに片付けた。

私の心も修羅場だった。
関連記事
2017-04-23 14:07 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR