小学生の妹が求婚された

たいしたことが無いかもしれないが、自分的には修羅場ってことで。

我が家は、父が再婚して継母の間にも自分より一回りしたの娘がいる。

父(48歳)・継母(46歳)・自分(社会人一年生23歳)妹(11歳小学校五年生)

自分は亡き母に似て童顔でちょっとちび、残念ながら凸凹もあんまりない。

妹は父に似て美形で、発達もよく小学生には見えない。

ランドセルを背負うと胸にくいこんで痛いというので、肩掛け鞄を初月給でプレゼントしたぐらい発育がいい。

身長も自分より高いし、大人びてどっちが姉だかわからないぐらいだが、継母がいい人で自分が継母を母と呼べるまで自分たちの子供を待ってくれた人なので継母とも仲がよく、家族みんなで仲はいい。


夏にみんなの休みがあった時に旅行に行った。

なんでも継母が子供のころ住んでいた懐かしい観光地で、継母の知り合いにも会ったりしていたんだ。

その中に継母の同級生と言う男がいて、地元でそこそこの地位にいるそうで、妹をなめまわすように見ているのには気が付いたので自分の影に隠せないけど、隠して引き離した。

帰宅してしばらくしたら、その男の代理と言うやつが来て、

23歳の長女を男の嫁に欲しいと言っている。悪い縁ではない。
年は離れているし一度結婚しているが、男は地元の有力者だしお金持ちだ。
玉の輿だと、とうとうと語る語る。

父が自分の意向を聞いてくれたので、もちろん妹をなめまわしてみたような変態爺などお断りと思い即断った。

代理はしつこく金持ちなんだと主張していたが。

そしたらいきなり本人がやって来た。

その時家には私はいなかったので、あとから聞いたが妹を待ち伏せして、話があるからと迫ったそうだ。

下校途中だったので、防犯ブザーを鳴らして大騒ぎになったそうだ。

下校途中の近所の人が警察を呼んでくれ、近所の商店のおじさんがその男を取り押さえてくれ警察に引き渡した。

警察で縁談の話で来ただけで、おかしなことはしてないと主張して、うちの父と継母に警察から事情を聴かれた。

つたない文ですがお分かりのように、その男は私と妹の年を入れ替えて見ていたそうで、縁談も妹に持って来たつもりだったそうです。

美形でプロポーションがいい妹は理想だったそうです。

いくら童顔でも小学生に間違えられるとはとものすごくショックでした。

それからちゃんと化粧して髪形や服を気を付けるようになりました。

妹も自分の胸とか気にしだしてしまったので、露出の少ない服になりました。

その男は警察でいくら間違えたとは言え、確認もしないで小学生に迫ったことで、そうとうお灸をすえられ、父が派遣した弁護士にやり込められ接近禁止の念書をとりましたが、不安なので継母が車で送り迎えしてます。


書き忘れましたが、その男は妹がランドセル背負ってなかったので、妹を迎えに来て一緒にいたと思って、家に行く前に本人に縁談を考え直してくれるように近づいたとのことです。

何にもされませんでしたが、46歳のおじさんに「結婚してください!」と言われた妹も修羅場ですよね。


関連記事
2017-04-22 22:05 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR