実家に帰省してた時の修羅場

GW中、長い休みが取れたので実家に帰っていた。

母はダラで、実家もそんなに綺麗じゃなくごちゃごちゃしていて、洗濯物も乾いたら山積みでその山が何箇所かある。

滞在して数日、なんか見当たらないな?って洋服が何着かあった。

そんな母の元で育てられた私は、どっかにあるだろーぐらいの気持ちで気にしていなかったが、その後に気に入ってたワンピースが見当たらなくなってやっとおかしいと思い始めた。


そんなある日、自分以外は出掛けて一人でダラダラしてたら庭に知らない女性が居て洗濯物を盗ってた。

慌てて警察に電話したらすぐ来てくれるというので気が大きくなり、iPhoneを動画モードにして家にあった竹刀を手に持ち

「あんだこらぁぁぁぁ!泥棒!!」
と庭に飛び出した。

泥棒は「ひゃ!」と言って逃げ出して追いかけたが逃げられてしまった。

(これは危ないからやめろと後で警察に叱られた)

警察が来て事情を説明、動画も見せた。

洋服だし軽装だし車で逃げたわけでもないからご近所さんなんじゃないか?という話になり、色々とご近所を調べてるうちに泥棒してた女を発見。


最初は否定していたが、動画を見せたらなんと!泥棒は子持ちだったようで、泥棒をやったのは娘だと言い出した。

娘さんはまだ3歳ぐらいなのに、こいつがやった!!と娘を警官につきだそうとして、娘さんギャン泣きしていた。


そこんちの姑も出て来て顔面蒼白。

泥ママは一度奥に引っ込み盗った洋服を持って来て私に投げ付けた。

「東京だからって見せつけやがって!いき遅れだろどうせ!」

「似合わないんだよこんな服!」

「こっちは大変なのにわざわざ警察呼ぶとか嫌味!」

覚えてる限りはこんな感じのことを叫びながら玄関中の物を私と警官に投げて来たので、とりあえず警察に連れて行かれた。


その後に泥ママと旦那と姑で謝りにきたんだけど、泥ママはほっぺがパンパンに腫れてぶすくれていた。

慰謝料も払うから被害届は取り下げて欲しいと土下座までされた。

泥ママは以前から私の洋服を狙っていたという。

田舎で、おしゃれなお店は全然無く、東京に住んでいて雑誌に載ってるブランドの洋服を持っていたのが羨ましかったと言っていた。

特に泥ママが好きなブランドの服があったからちょくちょくうちの洗濯物をチェックしていた、と。

だけどそのブランドは通販だってやってるし、そのぐらいで盗むなんて思考回路がおかしいと思っていたら、他にもボロボロと余罪が出てきた。

合鍵とか通帳を盗られていた家もあり、現金を盗られていた人もいたらしく、泥ママは塀の向こうに行くのが決まった。

泥ママは旦那の実家に同居で、旦那と姑達は被害があった家に被害届けを取り下げて欲しいと頭を下げて回っていたけれど、被害人数が増えるにつれ諦めたらしく、逆に被害届を出してくださいと言いに来た。

離婚して泥ママの実家に全て責任をとってもらうんだってさ。

うちは洋服以外に被害がなくて良かったけど、録画したiPhoneをなかなか返して貰えなくて不便だった。
関連記事
2017-04-20 14:03 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR