2人目を妊娠中に夫が亡くなった

今から15年ほど前の話です。

事業を成功させつつあった夫と結婚して、2年過ぎた時にウトが鬼籍に入りました。

で、トメを私たちの家によんで同居をすることに。

丁度妊娠。

夫の会社の跡継ぎが出来たとトメはっちゃけるも、女の子だと分かった瞬間から一通りの嫁イビリが始まりました。

産まれた娘にも矛先が向いたので、この時期は娘を守るのに毎日が修羅場でした。


2年後に妊娠し、また女の子だったので、トメ更に暴走。

妊娠中に階段から何回も落とされそうになったり、夫の居ない時に寝ていると冷房が全開になっていたり。

その都度、夫にも言うのですが、会社が伸びて行くのがうれしくてたまらないようで、殆ど家にも帰ってこない、まさに空気、ATM状態でした。

さすがに妊娠しながら、自分のみを守り、娘も守って行くのは無理だけど、守って行かないといけない。

どうしようかと考えていた時に、夫、交通事故でお亡くなりになりました。


葬儀等は夫の会社の社葬として行いましたので、恙無く終わったのですが、その葬儀の後、トメが

「49日が終わったら、出ていくように。身の周りの物だけは持って行っていい」

と、会社の人と居る中で大きな声で叫びました。

正直、娘と産まれてくる娘を抱えてどうしようかと思っていたところに、そのようなことを言われたので、目の前が真っ暗になったのですが、その場に居た顧問弁護士の方がトメに一言。

「遺産は全て奥様と娘さん達に行って、お母様には1円もまわらないと思いますよ」と。

夫、仕事は出来たので、急逝にも関わらず、そのような事態にも備えていて、会社の存続は問題も無かったのですが、遺産相続に関しての遺書を書いていなかったんです。

なので、法律にのっとり、私に半分、娘に半分の半分、産まれてくる娘に半分の半分となりました。

当然トメはふじこりましたが、法律がそう決めている以上どうにもなりません。

相続の後、姻族関係の終了を行い、トメには正に身一つで出ていっていただきました。

その後、トメはトメ兄の代になっている実家に戻ったのですが、私のところに何度か凸って来ました。

その都度24して、Kにお持ち帰りを頂きました。

(何度かKには面倒を見ては、と言われたのですが、弁護士がKを〆てくれました。)

トメを身一つで追い出したのが、DQN返しだったかと。

関連記事
2017-04-19 14:06 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR