兄嫁は不妊治療に年間三百万円費やした

兄の嫁はバツイチ。

なんでも不妊が原因で離婚されてバツイチになったそうな。

それでまた離婚はされたくないと結婚してすぐ不妊治療。

うちは私と兄と姉と弟の四人兄弟。

そしてそれぞれに三人ずつ子供がいる。

だから子作りを急かすこともないし、それが原因で離婚を迫ったりもなかった。

兄嫁は不妊治療に年間三百万円費やした。

そして二年目に妊娠。

実家で兄嫁が妊娠報告した途端、兄が怒り離婚話に。

離婚の話し合いで判明したのは、兄嫁は治療中ということで、当該期間はレスだったということ。

あと不妊治療というのは病院ではなく、霊験あらたかなスポット巡りとかお祈りしてただけらしい。

浮気ではなく巡った先で、お祈りの呪文?を唱えながら夫を思いながら着物の裾だけめくって目をつむり、霊感?ある人に協力してもらい産道に道をつけてもらう?治療だそうな。

それを聞いた父が

それはようするに二年で六百万円浮気に使い込んで顔も名前も知らない男の子を妊娠したということかね?

と聞いた。

すると兄嫁は、夫婦の不妊治療に口出しする舅とは縁を切りますと怒った。

兄嫁の両親は、最初は兄嫁の言い分の理解ができなかったのか信じられなかったようで、

え?どういうこと?その理屈は変でしょ?もう一度落ち着いて説明して。

とこんなだった。

その後兄嫁両親が兄嫁を病院へ連れて行ったら、兄嫁は妊娠してなかった。

でも兄嫁は妊娠してると言い張り、兄に

両親に子供を中絶させられそう助けて

と訴えたりしてた。

妊娠関係以外では、美人だし打てば響くような、それで綺麗好き料理上手な極々常識的な人だった。

結局、兄嫁は不妊ではない治療開始。

兄は離婚せず治療に協力しようとしたけど、兄嫁両親に頭を下げられて断られ離婚。

それから何年間か兄は離婚した兄嫁を援助したり再構築を目指したが、兄嫁両親が実家に、

ありがたいがもう違う未来を目指して欲しい

と言いに来て、兄も諦めた。

一度だけだけど、空のベビーカーと笑顔の元兄嫁の写真と、お仕事頑張ってね寂しいけど私も頑張るというメッセージハガキが実家に来た。

兄は無言で泣いてた。

それからはもう何もなし。

二十年過ぎたが兄は今も独身。

結婚はしないと言っている。

関連記事
2017-04-18 14:10 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR