自殺志望者の説得

昨晩から今朝にかけて、会社で自殺志望者の説得してたのが修羅場

自分は夜勤というより持ち回りの宿直で、仮眠室で持ち込みのゲームやりながらダラダラしてた20時頃、悲鳴が聞こえたんで飛び出す

上の階にある部署の奴が「Aさんが、Aさんが」とオロオロしながら屋上への階段を指差すんで、集まってきた別の課の居残り連中とともに屋上へ

屋上の人影に慌てて駆け寄ったら来月寿退社予定と聞いてた別の課のAさん、既にフェンスの向こうにいるから手をつかむとかできない状態

そっから数人で説得自分も男だけど同期だからか説得組へ、残りの社員は消防や警察、上司に連絡したり避難用のマット出したりと大わらわ

パニックじみた騒ぎの中、意外と各課とも残ってる奴いるんだなとか頓珍漢なことを考えていた自分も多分パニクってた

そこからAさんを説得した訳だが、開始10分程度で説得組がやる気を無くすような話の流れに

以下Aさんの主張

・婚約してる相手が浮気してるっぽい(証拠なし)

・当てつけに自分の上司と浮気してやった(上司は結婚してるので不倫)

・結婚が具体的になるにつれ、彼氏より上司の方が素敵に見えてきた

・思い切って上司に結婚を迫ったら拒否された

・上司に断られ、迫る結婚理由の退社日に怯えていたら他の男性のほうが素敵に見えてきて、婚約者が心底嫌になった

・大怪我をすれば結婚が延びるに違いない、いっそ死ねば最愛の上司も振り向いてくれるかもしれない

・だから死ぬの邪魔しないでふじこふじこ


一瞬金網越しに背中を蹴って「Youcanfly」させてやろうかと思ったり、実際口の悪い奴が、

「Aさん2階建ての屋上から飛び降りてどうやって死ぬの?m9(^Д^#)」

とか煽り出したりでグダグダに

そこからは到着した警官や他の課の上司達も交えての

「死んでやる!(チラッチラッ」



「止めなさい!(嘆息)」

の応酬が延々と朝まで

結局明け方近くになってAさんの注意力が緩んだ頃に、一気に梯子をかけて登った消防団員と警察官がAさんを取り押さえて終了

帰宅後就寝今起床してこれ書いてるけど、よく考えたらAさんの浮気相手と社長は来てなかったなと

Aさんが今後どうなるかまでは興味ないし、多分自分以外は残業時間を返せ!って修羅場がまた来るんじゃないかな

以上読みにくい文章で失礼しました
関連記事
2017-04-14 22:01 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR