義母が蜂に刺されて入院

今年の秋。

義母が蜂に刺されて入院した。

義両親は二人暮らしだが、元々共働きで家事は時間がある方がする、という夫婦だったので義父も家事は問題なく出来る人。

遠距離のうちも、近距離の義兄夫婦の手も借りなくて大丈夫と言われた。

義母が蜂に刺されるのは2度目なので、心配でお見舞いに行った。

刺された翌日だったが、刺された手の甲だけでは無く肘までぱんぱんに腫れていた。

新聞を取ろうとしたら、郵便受けの中に蜂がいたらしい。

設巣の季節で気が立ってたのね、不注意だったわ。と義母は笑っていた。

お見舞いの帰りに義実家に寄って、義父と蜂の巣を探したが庭にも近所にも見あたらなかった。


しばらくして義実家での家族会議に呼ばれた。

義兄嫁が蜂を仕込んだのが発覚したらしい。

一回目の蜂は偶然だが、アナフラキシーショックの危険を知り、わざわざ早朝に仕込みに行ったとか。

ちょっと信じられない話で、義母と義兄嫁が仲違いしていたとは初耳だった。

うちは飛行機の距離で、年に一度か多くて二度会う位で良好な関係だったが、徒歩圏内の義兄嫁とは近くに居る分、色々有った模様。

義兄嫁がネットで蜂の捕獲方法や、冷凍スプレーで気絶させて何時間で目を覚ますか、等を調べていた事。

実際に蜂を捕獲する姿を目撃されていた事、早朝に義実家前に居るのを目撃されていた事。

その際、防護用の手袋や蜂を入れていた容器を持っていた事、それらをネットで購入していた履歴、等から義兄嫁も、義母の暴言の録音を大量に持っていて、義父呆然。

義兄真っ青。
私達夫婦ポカーン。

義兄夫婦は離婚しましたが、暴言の内容の酷さから、私達夫婦も以前のように義母とつき合う事が出来ず。

今年の年末年始は帰省しない事になりました。


義母の暴言は

・とうとう子供が出来なかった(義兄嫁は45歳)。
不良品を嫁に貰った息子が可哀相。

・石女の貴方に遠慮して、次男嫁は孫をあまり連れてこない。
孫に会えない私達夫婦&引き離される次男夫婦親子が可哀相(子供のクラブ合宿等が重なって、連れて行かなかった事が数回ある)

・普通は30代後半で、自分から身を引くもの。息子の人生を返せ。

・次男が我が子を抱いているのを、長男がどんな気持ちで見ているか考えろ。

・さっさと離婚して、長男に若くて欠陥品じゃない女性を紹介しろ。

・将来は次男夫婦と孫と暮らしたいのに、貴方に遠慮して呼べない。少しは察しろ。

・貴方のご両親は、息子を騙して不良品の娘を押しつけたことを、どう思っているのか?
正式に謝罪するのが筋なのに、親子揃って常識が無い。
不良品を産んだだけは有るわね。

等です。

穏やかでニコニコした大人しい義母だと思っていたので、思考停止しました。

義兄は義兄嫁の訴えを「そんな大げさな」「悪く取りすぎ」でスルーし続けていたようです。
関連記事
2017-04-14 14:02 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR