さるぼぼストラップ

解決済みな泥未遂話。

私の携帯には小さな「さるぼぼ」付きストラップを付けてる。

大分ボロボロになってきているのだけど、愛着がハンパなくあるのと、少々オカルトな理由もあり、お直ししながら使っている。

この「さるぼぼ」様、かなり焼き餅焼きで、他のストラップを付けようものなら、一週間以内に新しいストラップの方が壊れてしまう。

ビーズやらスワロフスキーやらで出来たのならまだ納得はしたんだけど、壊れようのない木札型のが壊れたときに

「さるぼぼ様が嫌がってるんだ」

と考え、それ以降はストラップを変えることはせずにいた。

ここまでが前提。


先月園のお祭りの手伝いに出ていたとき、ズボンの後ろポケットに入れた携帯が無くなっていた。

他の人と一緒に探したんだけど、見つからなかったので自分が悪いと泣きそうになってたら、荷物置き場から

「ぎゃああああ!」

と言う悲鳴が聞こえてきた。

さるぼぼ様キラキラしたのが好きなんだねw

荷物置き場に他の人たちと駆けつけたら、トイレに行ったはずのAさんが左手から血をダラダラ流して半泣きしてひざまずいていた。

そのAさんの傍らには、カッターナイフと私の携帯が床に転がってた。

Aさんが私の姿を見た途端に

「あんたのせいで怪我した!フジコフジコ」

と喚きだしたが、一緒に携帯を探してくれていた友達ママが

「なんで私さんの携帯がこの部屋にあるの?」

と聞いたところ、Aさん(多分)痛さのあまり自爆。

曰わく

「私さんの携帯は私(A)が欲しかった。最新型で生意気!!だから私が貰う」

「汚いストラップが邪魔だからヒモ切ろうとしたら切れなかった、力入れたら手が滑って左手切った!」

だから「私さんが治療費と携帯機種変代金払え!」

みんな開いた口が塞がらなかったんだけど、取りあえず応急処置をした上で、他のママさんが園長や先生方に話し、Aさん旦那を呼び出してもらった。

到着したAさん旦那に事情を話したところ、土下座で謝罪されちと気まずくなったけど、旦那にAさんを医者に連れて行ってもらうということでAさんを引き取ってもらい、その日は終わった。


そんな騒ぎがあったけどなんとかお祭りの準備も終わり、お祭り当日のこと。

Aさん旦那とお姑さんがお祭りに来た(Aさん子供も一緒)と園長に呼ばれたので、お祭り会場には子どもたちがいることもあり、園長立ち会いのもと、職員室で会うことになった。

旦那とお姑さんから開口一番

「申し訳ありませんでした」

と土下座され、面食らったけど、なんで今回のようなことが起きたのか、理由も聞きました。

(Aさんが携帯ゲームにハマり、家事を疎かにするようになったため取り上げたところ、他の人の携帯を奪えば金払わずにゲームできる!と思ったらしい)

「Aさん本人はどうして来ないのか?」

と聞いたら、あの後医者に診てもらったところ、傷口からばい菌が入ったらしく、左手がかなり膨れ上がってしまい、更に高熱を出してしまい入院してしまったため、来れなかったとのこと。

(これを聞いて「さるぼぼ様お怒りだわ」と思ったけど、それはさすがに言わなかった)

園長から私さんはどうしますか?と言われたので、

これ以上は騒ぎにしたくないこと、子どもたちは巻き込まないこと、ただし、もしAさんが私や園に対して悪意ある話を流したら、そのときは出るところに出ます、私としては望むことは以上ですが宜しいでしょうか?と話しました。


お祭り以降、Aさんはそれ以降の行事の担当を全て外され、子どものお迎えなどもお姑さんになったそうです。

(予想以上に入院期間が延びた、という事情もあったらしい)

今でもさるぼぼ様は私の携帯ストラップに付いてます。

これからも大事にしたいと思います。
関連記事
2017-04-12 18:09 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR