嫁が亡くなった時の話し

解決した事案です。

はき出させて下さい。


長男で田舎暮らしの俺は、窮屈な実家から飛び出して町で働いていた。

嫁と結婚すると決まり久しぶりに両親と会ったとき

「長男なんだし、実家に戻ってこないか?田舎から仕事に通わないか?」

と打診してきた。

俺は困った。

田舎にはしがらみが多すぎて俺は苦手だった。

困っている俺を見て、嫁は俺が返事するより早く、

「仕事も通えない距離じゃないし、親孝行してあげて」

と実家で暮らすことを俺に言ってくれた。

親は大変喜んで家をリフォームして、2世帯住宅にしてくれた。

俺には妹が3人いるんだが、親も妹達も俺みたいな男に結婚してくれる女性がいることを喜んでくれ、近すぎず遠すぎずの関係を築いてくれた。


引っ越してからは、嫁はその持ち前の気さくさで近所の奥さん呼んでお茶会したり、田舎の生活に溶け込んでいった。

親もそんな嫁を周囲に自慢して、4人目の娘のように扱ってくれた。


そんな生活が5年間ほど続き、何人もの奥さん友達が出来た。

俺も休みの日にはお茶会に参加して、仕事場の近くのケーキを差し入れしていた。

手先が器用な嫁は、自分で作ったケーキをお茶会に出すことが良くあった。

特にチーズケーキを作るのが大好きで、俺には良く判らないが何種類かのチーズをブレンドしていた。

ブルーベリージャムを作ってそれをチーズケーキに入れたってのがおいしかったな。


ある休日の朝、キャラメルシフォンケーキを作り終え、コーヒーを飲んでいた嫁が突然いびきをかきながら寝込んだ。

いくら揺すっても起きない。

前に聞いたことがある。脳梗塞かもしれない。

慌てて救急車を呼び、MRI撮ったり、ICUに入ったり、とにかく嫁の名前を呼び続けた。

親もかけつけ、皆で嫁を心配していた。

が、残念ながら10時間ほどして亡くなってしまった。

静脈に血栓ができ、それが脳にまで回り詰まったそうだ。

元々心臓に疾患があったのだが、それが原因かはわからない。今でも悲しくてたまらない。

何をして良いのかもう良く判らなくなり、実感も無い。

泣き叫ぶことも出来ずとにかく呼吸が苦しくて、何かしていないと頭がおかしくなりそうで、何を思ったか一端帰宅することにした。

自宅に戻ると、部屋が荒らされていた。

嫁が気に入っていた黄色いコートが、UGGのブーツが切り裂かれている。

嫁が作ったはずのシフォンケーキが食い散らかされている。

嫁に親が譲った真珠のネックレスがちぎれてばらまかれている。

今までこのスレ見てたけど、びっくりしたときって本当に声でないもんだな。

嫁と仲良くしていた奥さんが、その真ん中で血を流して倒れて呻いている。

知識も豊富で頼りになる、この辺のリーダー的存在のAさんだ。

俺はAさんを起こしながら救急車と警察、Aさんの旦那に連絡をした。

救急車の中で、嫁は死んだけどこの人は生きてるんだなとか、ぼーっと考えていた。

嫁と同じ病院に着いて、何が何だか訳がわからず、とにかくうろうろしていた。

近くで親父とお袋、妹たちが号泣しているんだが、そこに行って説明する気にも、一緒に泣く気にもなれなかった。

Aさんは幸い転倒時に頭に傷が出来て、その血を見てびっくりしたショックで気を失っていただけらしい。

嫁が亡くなったことを言った方がいいんだろうな。とぼんやり思いながら、看護婦に面会を申し込んだ。

Aさんは話が出来る状況ではなかったので、すぐにやってきた警察に取りあえず任せた。

以下は聞いた内容。

Aさんは、お茶会にみんなで来たら、誰もいないので皆で上がり込んだ。

携帯に電話してもつながらないのでしばらくした後どうしたんだろうねぇ。とお茶会を解散し、帰宅した。

Aさんはその後買い物に行くために出かけると、うちに電気が付いているのが見えたらしい。

電話しても連絡が付かなかったから心配していたAさんは、どうしてたのー?心配してたのよ?何かあった?と、玄関で声をかけてくれたらしい。

返事が無いのでおかしいと思ったAさんが、「お邪魔しまーす」と上がったところ、台所からBが飛び出してきたらしい。

Bも、お茶会のメンバーだった。もうこっからさきはご想像通り。

Bは「今の内にあんたも早く盗んどきんさい。なんか俺家は全員病院行ってまだ戻ってこれんじゃろうけんね」

といやがるAさんを引っ張り俺と嫁の寝室へ。

止めろと制止するAさんをふりほどいて、箱からブーツを出したりサイドボードの中からネックレス引っ張り出したり、クローゼットからコート出したり。

Aさんは訳がわからず部屋の真ん中で金切り声を上げてBを止めようとしていたらしい。

(隣の家から離れているため、残念ながら声は届かなかったみたいだ)

BはAさんの声にいらだったらしく、台所から包丁を持ち出し、嫁の大事な、気に入っていた物を、刺して、裂いて。

Aさんはその時に恐ろしくて逃げようとしたときにつまづいて転倒し、頭から血が出ているのを見て気が遠くなったらしい。


Bは現在檻の中。

B家は周囲の視線に耐えられず、引っ越しをしていった。

お茶会のメンバーはみんな悲しんでくれて、嫁の形見を引き取って貰った。

Aさんには嫁の形見の「ケーキ作成キット!」と大きく書いてある箱をそのままお渡しした。


さっき、全てが終わった記念に、ケーキ作成キットからできあがった嫁のレシピ通りのシフォンケーキを頂きました。

多分、倒れた時のシフォンケーキの味がして、本当に今まで涙が出なかったんですが、Aさんの前で号泣してしまいました。

とても、嫁と同じ味がして、甘くて、苦くて、おいしかったです。


--後日投稿--


嫁が好きだったコーヒー飲みながら、改めて仏前に報告してきます。

重たい話をしてすいませんでした。

はき出したかっただけなので、本当にごめんなさい。

友人にも言えなかった事なので、感謝します。

お茶会ですが、今後Aさんが引き継いでやっていただけるそうで、明日の休日にはお邪魔する予定です。

ただ、私が参加すると思い出話が多くなって、皆さん辛くなってしまうと思うので、明日を最後に気持ちを切り替えようと思います。

愚痴聞いていただき、ありがとうございました。

関連記事
2017-04-10 14:05 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR