カットモデルからの修羅場

姉から聞いた話です。

携帯から&フェイク有で読み辛かったらゴメン


姉のママ友さんに旦那様が美容室経営してる方がいる。

その美容室にはまだカットデビューする前の、アシスタントの女の子がいた。

美容室奥様はアシ子ちゃんの練習台の為に、仲の良いママ仲間の子供達をモデルという名の練習台として斡旋していた。

皆カットしてもらう度に手作りのお菓子などを美容室のスタッフさんたちに差し入れていた。

美容室奥様もアシ子ちゃんも

「練習させてもらっている上に申し訳ない」

と恐縮していたがとても良好な関係だったそう。

で、姉の娘(私の姪)も2年ほどアシ子ちゃんのモデルをしていたんだけど、姪はどうしようもない位の天然パーマ。

アシ子ちゃんはストパーやろうか?と言ってくれていたけど、中学生のうちは校則もあるし、さすがにそんな高価な事は申し訳ないと姉が断っていた。

しかし姪が高校合格した時、高校になれば自分でパーマ代稼げるのと、合格祝いも兼ねて一度だけ無料で次からお金払うって事でしてもらう事になった。


翌日、生まれて初めて前髪がオデコに当たる!とウキウキで登校した姪。

学校でも見違えたと大好評だったそうだが、それに食い付いたのが姪と同じクラスだった泥子。

「アシスタントの実験台pgr」

と陰口言っていた癖に、美容室を特定するなり休日に泥母と凸。

母娘で営業中の美容室で無料でパーマかけてクレクレしたそう。

もちろん断られたが、裏口から侵入してストパー用の液を盗んで行った。

スタッフさん達は気付いてたけど関わりたくないのでスルー。

しかしその日の夜中に泥母娘が再び美容室に凸。

自分でパーマしようとした泥娘の髪はサイババみたいになっていた。

泥母娘が盗んだのは一液だけで、本当は一液を付けた後、アイロンで髪を真っ直ぐに伸ばしてから、二液を付けないといけないんだけど奴らにそんな知識も技術もない。

「この店のパーマ液使ったら泥子の髪がこうなった!罰としてパーマかけて慰謝料払え!」

と暴れる泥母はパトカーに。

泥子はそれから卒業まで一度も学校に来なかったらしい。

来年から美容師目指して専門に通いながら、今はスタイリストになったアシ子ちゃんの店で働く姪に変な客が憑きませんように厄払いカキコでした。


--後日投稿--


肝心のその後書くの忘れてた…

泥一家は近辺のサロンではブラックリスト入り。

度を超して痛んだ髪は技術的にも修復不可能らしく、サイババのまま髪がのびるのを待った後、自分で切ってそれはそれで悲惨な状態だったそうです。

関連記事
2017-04-09 18:09 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR