FC2ブログ

気分良く程よく酔っぱらって家の近くの空き地の横を歩いていると、目の前に1匹の真っ白い綺麗な猫がいて、擦り寄ってきた。

他の人の修羅場には足下にも及ばないけど、私が体験した修羅場。

今から8年位前のこと。
会社の飲み会があって、二次会三次会とお店に行ってたら電車が遅れてたのもあって、
地元の駅に帰り着いたのが深夜2時半過ぎ頃になってしまった。

一応、二十代前半の女(ただし喪女)なので、タクシーで帰ろうと思ったけど、
同じように考えた人が多かったみたいで、タクシー乗り場は凄い列・総て出払ってる状態。
そんなに酔ってなかったし、家までは明るい道通っても30分位歩けば着くからと、歩いて帰ることにした。

ところで、当時私は実家住まいで、実家では母が捨て猫・野良猫を引き取ったり、
去勢・避妊させたり、里親に出したりしていて、ウチから里子に出した猫も多数いた。
ここまでが前提。

気分良く程よく酔っぱらって家の近くの空き地の横を歩いていると、
目の前に1匹の真っ白い綺麗な猫がいて、擦り寄ってきた。
猫は食べちゃいたい位大好きな私は、猫!ハァハァと撫でくりまわしていたら、
別のブチ猫が寄ってきて、側にゴロン。

猫が増えた!ハァハァと撫で回していたら、空き地の隅から黒猫が出てきて、
呼び鳴きをはじめたからか、ブチ猫が空き地へ戻って行った。

これはまさか、噂の猫会議?と、でも邪魔しちゃ悪いからと撫でるのをやめて帰ろうとしたら、
白猫が私に呼び鳴きをして、足元をグルグルし始め、歩くのを邪魔してきた。
ちょっw帰れないww
と。結局、私も猫会議に参加するかたちになった。

よく周りを見たら、何処かで見たことのある...というか、
ウチで保護して里子に出した八割れ黒白が、目ヤニ・鼻水垂らして参加している。

どうして分かったかというと、この黒白。女の子なのに、可哀想な位残念な顔立ちと、
特徴的な鳴き声だから。でも、性格はいい大人しくて可愛い子。
慌てて抱きかかえてみたら、足も怪我してる。

そのまま抱えて家に帰って、爆睡中の母を叩き起こして、
母に深夜も診てくれたり相談に乗ってくれる病院へ電話して貰ってる間に、
目ヤニや鼻水拭き取ったり、他に悪いところがないか全身をくまなく触ってみたら、
しこりのようなものも発見。

結局、そのまま病院に連れて行って色々足の怪我やら点滴やら
処置やら検査やらして貰って帰ってきたら朝方5時半過ぎ。
帰ったら帰ったで、他の猫との兼ね合いやらエイズキャリアだと困るからと、
猫のために部屋を空けるために掃除したり何だりと色々やってたら朝8時過ぎ。

そのまま里親さんに連絡しようとしたら電話繋がらず、
話だけでもと住所に行ってみたら、人の気配が無い。
ご近所さんに聞いてみたら、夜逃げして行ったとのこと。

猫、置いてかれたー!となりつつ、もうこうなればウチで育てたんよということに。
結局、エイズにも感染してなくて、しこりも悪いものではなく、
足の怪我も完治して家族の一員になりました。

久しぶりに実家に子供と遊びに来たら、そんな黒白が扇風機前で涼んでるのを見て、
あの時は修羅場だったなーと思い出しカキコ。
関連記事
2018-09-15 20:00 : となりのキチさん : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

メールフォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

PR